※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

クレジットカード現金化の換金クレジット

2018.07.31

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化の仕組み -今すぐ現金を手に入れる-

アイキャッチ

クレジットカード現金化という言葉をご存知でしょうか。
クレジットカード現金化はどうしても現金が必要な時に、即日・最短1時間程度で現金を手に入れることが方法です。

本記事ではクレジットカード現金化の仕組みを分かりやすくお伝えしていきます。
この機会にクレジットカード現金化への理解を深めていきましょう。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、自身が所有しているクレジットカードのショッピング枠を現金に変える方法のことです。

また、クレジットカード現金化には、自分で行う方法と現金化業者を利用する方法があります。
自分で行う場合は、手数料等を引かれることがなく高い換金率で現金を入手するチャンスがあります。
対して、現金化業者を利用する場合は、手数料等で換金率は下がりますが、安定した換金率で最短1時間程度で現金を入手することができます。

聞いたことがない方には、難しそうに思えるかもしれませんが仕組みは単純。
まずは、ショッピング枠とキャッシング枠の違いについて、おさらいしておきましょう。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という2種類の枠が存在します。

「ショッピング枠」とは、普段のカードでのお買い物に使用できる上限金額のことです。
「キャッシング枠」とは、ATMなどでクレジットカードを使って現金を借りられる上限金額のこと。こちらは申し込み時の条件によってはついていない場合もあります。

「ショッピング枠」はお買い物などでしか使えませんが「キャッシング枠」は現金を直接手に入れることが出来るので使い道は自由です。その分、「キャッシング枠」の上限は「ショッピング枠」よりも低く設定されています。

クレジットカード現金化は上限の高いショッピング枠を利用する

クレジットカード現金化では、通常、買い物にしか使えないショッピング枠を利用して現金を手に入れます。(このため、ショッピング枠現金化とも呼ばれます)

キャッシング枠は、上限金額が低いため、使い切ってしまう人も多いのですが、ショッピング枠は残っているという場合も多いので、そんな場合に急に現金が必要になった場合は特に有効です。

クレジットカード現金化の前に知っておきたい注意点

クレジットカード現金化は、非常に便利な現金調達方法ですが注意点もあります。
それは、「クレジットカード会社が現金化を禁止している」ということ。

本来ショッピング枠は現金に出来ないという縛りの元に上限金額が設定されており、現金が欲しい人にはキャッシング枠として、上限や金利が設定されています。
現金化は、ショッピング枠を裏技のような形で現金にする方法ですから、カード会社からすると不本意というわけですね。

そのため、ショッピング枠を現金化する際によく利用される換金率が高い商品には、カード会社も警戒しており、不自然な購入があった際には、カードの利用停止や強制解約といった措置をとることもあります。

>>カードが利用停止になるリスクについて詳しく

現金化を行う時の2つの手段

先ほども少しお話ししましたが、クレジットカード現金化には、2種類の方法があります。
「自分で行う方法」と「現金化業者を利用する方法」です。

自分で現金化のメリット・デメリット・ポイントまとめ

自分で現金化を行う方法はいたってシンプル。
出来るだけ安くクレジットカードで買い物をして、出来るだけ高く売るというものです。

言われてみれば、とても単純な話ですよね。
ただし、ただ買って売るだけでは効率的な現金化が出来ませんし、注意しないとトラブルになる可能性もあります。
自分で現金化を行う時のメリットやデメリット・ポイントを見ていきましょう。

>>自分で行う現金化の詳しい方法はこちら

自分で現金化するメリット

自分で現金化を行う最も大きなメリットは、換金率が高くなる可能性があることです。
現金化するからには、出来るだけ高い換金率で現金を手に入れたいものですが、業者を通してしまうと手数料の発生を避けられません。
自分で行えば、もちろん手数料はかかりませんので、それだけ換金率を高く出来る可能性があります。

自分で現金化するデメリット

自分で現金化するデメリットは以下になります。

  • 予定の金額に届かない可能性がある
  • 商品を探したり、売りに行く時間と手間がかかる
  • カード停止等、トラブルのリスクがある

自己責任で行うわけですから、目標の換金率に届かない可能性も十分にあります。
また、高換金率の商品を自分で探したり、売りに行ったりするのは予想以上に時間と手間がかかります。
さらに、クレジットカード会社から利用停止処分を受けるリスクが高いことも無視できないデメリットです。

自分で現金化する際のポイント①:高換金率のものを購入する

購入した商品を売る際、高く売れるものとそうでないものがあります。
自分で現金化を行う際は、高く売れる(=高換金率)な商品を狙いましょう。
高換金率な商品の代表格は以下のような商品です

  • 新幹線の回数券
  • ブランド品
  • ゲーム機
  • 金券・ギフト券

これらはニーズが高い商品で、うまくすれば90%以上の換金率を狙うことが出来ます。

>>現金化でおすすめの高換金率な商品について詳しく

自分で現金化する際のポイント②:カードの利用停止に注意する

換金率の高い商品はクレジットカード会社も警戒しています。
同じ商品を不自然に複数個購入したり、いつも買わないような商品を急に購入するなど、不自然な購買行動はカード会社から目をつけられる原因となります。
狙い目の商品だからといって、いくつも購入するのは絶対にやめましょう。

>>自分で行うクレジットカード現金化についてさらに詳しく

現金化業者の仕組み

現金化業者には、店舗型とネット型の二つの形態があります。

店舗型の現金化業者は実際に店舗を構えており、利用者が店舗を訪れて手続きを行う昔ながらの方式です。
対して、ネット型は、実店舗を持たず、メールや電話のやりとりのみで手続きが完了する方式です。

店舗型は実際に対面してやりとりできる安心感がありますが、どうしても店舗に出向く手間がかかります。
急ぎでお金を用意する必要がある時は、最短1時間程度でお金が振り込まれるネット型がおすすめです。

また、現金化業者には、二つの方式があります。

>>店舗型のクレジットカード現金化業者について知りたい方はこちら

キャッシュバック方式

ネット型業者はこの方式がメインになります。

業者から指定されたサイトで商品を購入すると、業者から商品購入のキャッシュバックとして指定の口座に現金が振り込まれます。
商品自体は、パワーストーンなど客観的に価値がつけずらい物の場合が多いです。

買取方式

店舗型業者も使う古くからの方式が買取方式です。

業者から指定された商品を購入し、その商品を業者が再度買い戻すという名目でお金を振り込んでくれます。

きちんと価値のある商品でないといけないので、ブランド品や新幹線の回数券等が利用されます。特に最近ではネット型の業者でアマゾンギフト券などがよく取り扱われています。

現金化業者の利用の流れ

続いて現金化業者の利用の流れを確認していきましょう。
全国どこでも24時間利用できるネット型の現金化業者の利用の流れは次のようになります。

  1. 現金化サイトを見つける
  2. サイト内にある申し込みフォームに必要事項を記入、または直接電話する
  3. 本人確認を行う
  4. 業者から商品を指定されるので、クレジット決済で購入する
  5. 業者が決済確認できると、自分の指定した口座に現金が振り込まれる
  6. 指定された商品が手元に届き、手続きは完了

本人確認では、クレジットカードと写真付きの身分証明書の画像をメールで送るのが一般的です。
初めての場合でも、手続き開始から約1時間程度で現金が振り込まれます。
また、忘れがちですが、業者から送られてくる商品は必ず受け取りましょう。これを受け取らないとトラブルになる可能性もあるのでご注意ください。

>>クレカ現金化の本人確認の方法について詳しく

現金化業者のメリット・デメリット・ポイントまとめ

それでは、現金化業者を利用する際のメリットやデメリット・ポイントをまとめていきましょう。

現金化業者を利用するメリット

特にネット型の業者を利用する際のメリットをまとめてみました。

  • 確実に現金を受け取れる
  • 約1時間前後で口座に振り込まれる
  • 全国どこからでも利用可能
  • 利用停止等のトラブルのリスクが低い

自分で行う場合と比べて、換金率が事前にわかる確実性やスピード感、手間がかからないところは大きなメリットと言えますね。
さらに、現金化業者はカード会社に現金化したことがバレないための独自のノウハウを持っているので、利用停止等のリスクが低いのも嬉しいポイントです。

現金化業者を利用するデメリット

現金化業者自身の立場で、こうしたことを語るのも少し変な気もしますが、公平な情報提供がモットーですので、語っちゃいます。

  • 換金率は高くても80~90%
  • 悪質な業者も存在する

業者のトップページには「最高換金率98%」といった数字が書いてありますが、高額利用やキャンペーン適用など、あくまで最高の条件が揃った結果なので、初めての方の場合はここまで高くなることはほぼないでしょう。
また、許せないことに、事前の契約よりも少ない金額しか振り込まなかったりするような、悪質な業者が存在しています。
業界人として、非常に迷惑な存在ですが、こうした業者はすぐに名前を変えて悪行を続けるので、名前をあげることができません。とにかく、ウマすぎる話を持ちかけてきたり、態度が悪かったりするような業者は可能な限り警戒してください。

>>現金化で気をつけるべき悪徳業者の手口について

現金化業者を利用する際のポイント①:事前に換金率を確認する

現金化業者と電話する時には、事前に換金率と最終的に振り込んでもらえる金額を確かめておきましょう。
あとから、思っていたより金額が少ない、となると、トラブルの元になります。

現金化業者を利用する際のポイント②:悪徳業者には最大限の注意を!

一時よりは少なくなってきてはいますが、今だに悪徳業者の被害は報告されています。

>>悪質な業者に騙されてしまった方の体験談はこちら

事前に口コミを調べたり、電話での対応が丁寧か、利用者への情報発信はしっかり行なっているかなどをポイントに、悪徳業者には最大限注意した上で利用してください。
どうしても、ご不安な場合は、私たち「換金クレジット」にご相談ください。

まとめ

クレジットカード現金化の仕組みについて、ご紹介してきました。
わかってしまえば、特に難しいものではないことがわかっていただけたかと思います。

クレジットカード現金化は賢く使っていただければ、ピンチの時に大変便利なサービスです。

しかし、数は少ないとはいえ、悪徳業者が存在することやクレジットカードが停止してしまうリスクも存在します。これらのリスクについて、詳しく知りたい方は、『クレジットカード現金化の悪質業者の手口紹介』『クレジットカードが利用停止になる詳細』の記事をご覧ください。

とにかく、すぐにでもクレジットカード現金化を利用したいという方は、こちらでリスクの少ない優良業者をランキング形式でご紹介していますので参考にしていただければと思います。