クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

2018.07.31

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化に本人確認が必要な理由とは?

アイキャッチ

クレジットカード現金化業者を利用するためには、どこのお店でも必ず本人確認が必要です。

しかしその本人確認では、身分証明書やクレジットカードの画像を提出しなければなりません。
見ず知らずの相手にこういった情報を渡すのは、個人情報漏洩など少し不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、この記事ではクレジットカード現金化の本人確認について詳しく解説!

クレジットカード現金化の本人確認が必要な理由や必要書類、流れなどについて説明していきます。

クレジットカード現金化には審査がない

クレジットカード現金化には審査がない

クレジットカード現金化業者の公式サイトでは「審査不要!」と大々的に宣言しているのをよく見かけますね。

これを見ると、クレジットカード現金化の店舗や条件によっては審査が必要なのかと思ってしまいますが、そんなことはありません。

そもそもクレジットカード現金化というサービスの利用には、審査が必要ないのです。

なぜかというとクレジットカード現金化は、買い物専用枠であるショッピング枠を換金するだけ。
お金を借りるのはあくまでもカード会社からなので、クレジットカード現金化業者の審査を受ける必要はないんですね。

つまりクレジットカード現金化は、ショッピング枠の空きさえあれば誰でも利用可能です。
審査がないため、ブラックリスト入りした人や収入が少ない人でも、スピーディーかつ簡単な手順でお金を手に入れられます。

クレジットカード現金化には本人確認が必要

クレジットカード現金化には本人確認が必要

クレジットカード現金化は消費者金融のように、返済能力を見定める審査や職場に電話をかける在籍確認は存在しません。

が、そのかわりクレジットカード現金化には本人確認が必要です。

本人確認とは現金化に使用するクレジットカードの名義と、利用者本人の名前の一致を確認すること。
具体的には、免許証などの身分証明書とクレジットカードの画像を提出することで行われます。

クレジットカード現金化に本人確認が必要な理由は、以下の2点です。

  • クレジットカードの不正利用を防ぐため
  • 古物営業法を遵守するため

上記2つの理由について、詳しく解説していきます。

クレジットカードの不正利用を防ぐため

カード社会となった昨今では、クレジットカードの不正利用が問題となっています。

クレジットカードの不正利用とは、盗んだり拾ったりして手に入れたカードで、第三者が勝手にキャッシング枠やショッピング枠を使ってしまうことです。

もし本人確認を行わなければ、クレジットカード現金化サービスはこうした犯罪の温床となってしまいます。

このためクレジットカード現金化業者は、申込者とクレジットカードの名義人の一致を確認することで、他人のなりすましによる犯罪を防いでいるんですね。

古物営業法を遵守するため

クレジットカード現金化で本人確認をおこなう理由はもう1つ、それは古物営業法を遵守するためです。

古物営業法とは、中古品買取業を取り締まる法律のこと。
クレジットカード現金化は、利用者から中古品を買い取り、それと引き換えに現金を渡すという名目で運営しているので、業種上は古物商に分類されます。

そして古物商(中古品買取業)を取り締まる古物営業法では、盗品の出品防止や犯人特定のために、本人確認が義務付けられているんですね。

つまりクレジットカード現金化は中古品買取業として、この古物営業法に準拠して営業を行う必要があるため、本人確認を行っているということです。

本人確認を行わないのは悪徳業者なので注意

本人確認を行わないのは悪徳業者なので注意

クレジットカード現金化業者を利用するには、本人確認が必須。

中には、見ず知らずの相手に本人確認書類やクレジットカードの画像を提出するのは不安…と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし先述した通り、本人確認は犯罪防止のため法律によって義務付けられている工程。

むしろ、本人確認を行わない・あるいは本人確認がずさんな業者こそ、犯罪を助長する危険な業者です。

特に焦った利用者の心理につけこんで、スピード手続きを謳い、カード情報や金銭の奪取を目的としている悪徳業者は多いです。

このような詐欺被害に遭わないよう、くれぐれも本人確認を行わない業者は利用しないようにしましょう。

クレジットカード現金化の本人確認の流れ

クレジットカード現金化における本人確認の流れ

クレジットカード現金化業者の利用では、本人確認のために電話連絡が必須となります。

たとえメール申し込みをしても、折り返しの電話連絡がくるので注意してください。

なお、クレジットカード現金化業者の利用で本人確認が行われるのは初回のみです。
2回目以降は本人確認が省略されるので、最短5分という超スピードでクレジットカード現金化することができますよ。

それでは早速、クレジットカード現金化業者の利用による本人確認の流れについて説明していきます。

本人確認書類の提出

本人確認では、利用者本人の氏名などその身元を明らかにする本人確認書類の提出が求められます。

現金化ショップのような店舗型業者の場合は、店頭での身分証提示。
そして換金クレジットのようなネット型業者の場合は、FAXやメール添付での画像送信という方法をとっています。

以下のような顔写真付きの身分証明書であれば、1枚で本人確認を通過し、カード情報の送信にすすむことができます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 学生証(ただし満20歳以上の学生に限る)

ただし、下記のように顔写真付きのものでない身分証の場合は、業者によっては複数枚の提示。
あるいは、公共料金の明細書など住所が分かるものとセットでの提出が求められる場合があります。

  • 年金手帳
  • 健康保険証
  • 住民票の写し

カード情報の提出

本人確認書類の提出が終わったら、今度はクレジットカードの画像を提出します。

カード情報は、先に提示した本人確認書類との名義の一致を確認するのと、現金化の決済をするために必要になります。

クレジットカードの表面の画像だけでなく裏面の画像も要求された場合、必ず3桁のセキュリティコードは指や付箋で隠して撮影・提出するようにしてください。

クレジットカードは、名義・カード番号・セキュリティコードの3つの情報が揃えばネット決済が可能。
誰でも簡単に悪用できてしまうためです。

また、カード情報や画像提出のページでは、URLの先頭に鍵マークがついていることを確認してから送信ボタンを押してください。
この鍵マークは、送信される情報が他人には分からないよう暗号化されている証拠です。

逆に、鍵マークがついていない=暗号化されていないページでは大切な情報は送信しないよう日頃から注意しましょう。

現金化できないカードの種類とは?

現金化できないカードの種類とは?

クレジットカード現金化は審査がないので、基本的には本人確認さえ行えば誰でも利用することができます。

しかし、一部現金化に利用できないカードもあるので注意が必要です。

現金化できないカードは主に、以下の通りです。

  • 親兄弟・配偶者の家族カード
  • デビッドカード
  • 利用限度額を超えているクレジットカード

親兄弟・配偶者の家族カード

クレジットカードには、家族の代表者一人の信用をもとに発行できる家族カードというものがあります。

審査を通過できる信用情報や返済能力を有した、親や配偶者がクレジットカードを発行。
子や妻が、その1枚のクレジットカードのショッピング枠を共有して利用できるのが家族カードです。

家族カードの利用代金の請求はすべて、本名義人と呼ばれるカード発行者にいくので、本来はカード審査に通過できない妻や子でもクレジットカードを所有することができます。

しかし、家族カードの扱いはクレジットカード現金化業者によって異なり、中には利用できない店舗もあります。

また、たとえ家族カードが利用できるお店でも、本名義人の許可や本人確認ができないと受け付けてもらえないので注意しましょう。

デビッドカード

クレジットカードとよく似たカードに、デビッドカードというものがあります。

クレジットカードと同様に多数の加盟店で利用できるデビッドカードですが、残念ながら現金化することはできません。

その理由は、両者の支払い方法の違いにあります。

クレジットカードは、購入から翌月または翌々月に指定の銀行口座から代金が自動引き落としされる、後払い方式。
それと比較してデビッドカードは、購入と同時に利用代金が引き落とされる、即時払いとなっています。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの「後払い」の仕組みを利用し、ショッピング枠を現金に換えるものです。

デビッドカードは決済後すぐに利用代金が引き落とされてしまうため、現金化には利用できません。

利用限度額を超えているクレジットカード

クレジットカード現金化業者を利用する際は、指定のサイトにて商品をカード決済で購入。
その決済額を現金に換えて、銀行口座に振り込んでもらうことで現金化が完了します。

つまり、クレジットカード現金化で欲しい金額を手に入れるためには、そのぶんショッピング枠の空きが必要。

ショッピング枠の利用限度額をすでに超過しているクレジットカードでは、現金化することができません。

また、直接クレジットカード現金化と関係ないように思われるかもしれませんが、実は現金借り入れ専用枠であるキャッシング枠の利用状況も大切!

キャッシング枠を限度額ぎりぎりまで使い込んでいる人は、「クレジットカード現金化予備軍」としてカード会社にマークされている危険性が高いです。

クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約違反ですから、バレるとクレジットカードが利用停止や強制解約になってしまいます。

このためクレジットカード現金化サービスを利用するときは、ショッピング枠やキャッシング枠の利用限度額に注意しましょう。

本人確認をしっかり行うのは優良店の証

本人確認をしっかり行うのは優良店の証

本人確認は、利用者や他の人たちを守るためだけでなく、業者自身、ひいてはクレジットカード現金化業界全体のためにも必要なことです。

もし、第三者による不正利用が発覚して、警察に被害届が出された場合、そのクレジットカード現金化業者にも責任が問われます。

さらに現金化サービスを利用した犯罪が相次げば、警察もクレジットカード現金化というサービスに対して監視が厳しくなるでしょう。
そうなれば当然、クレジットカード現金化業界のお店すべてが営業しづらくなってしまうため、徹底した本人確認は不可欠なのです。

このためクレジットカード現金化の優良店であればあるほど、電話での本人確認や書類提出を通して、厳正な本人確認を行う傾向があります。

まとめ

クレジットカード現金化における本人確認は、法律で義務付けられているだけでなく、第三者による不正利用防止のためにも必要な工程です。

初回利用で済ませてしまえば、2回目以降は省略可能。
実際の手続きも、本人確認書類とクレジットカードの画像を提出するだけなので簡単です。

響きだけ聞くと面倒臭く感じるかもしれませんが、しっかり本人確認を行なっている業者こそ真の優良店!

逆に本人確認不要を謳っているのはもれなく悪質な業者なので、選んではいけません。

本人確認を徹底している安全性の高い業者で、自分や周囲の人にとっても安心なクレジットカード現金化を行いましょう。

>>『安全なクレジットカード現金化の優良店を紹介』