※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべてのクレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2020.02.10

クレジットカード現金化とは

クレジットカードの支払い延滞や遅延が危険な理由とは

アイキャッチ

クレジットカードの支払いは、毎月銀行口座から自動引き落とし!
わざわざ返済する手間が省けて楽ですが、うっかり口座にお金が足りなかったらどうなるのでしょう?

そこで、今回の記事ではクレジットカードの支払い延滞や遅延を起こした時のリスクを解説!

安易な気持ちで延滞すると危険な理由、そして支払い遅延に気づいた後の対応について説明します。

支払い遅延に気づいたらカード会社に連絡しよう

クレジットカードの支払いが遅れていることに気付いたら、すぐにカード会社のカスタマーセンターに連絡しましょう。

すると、カード会社のオペレーターが次のうちどれかの返済方法を指定してくれるはずです。

  1. 口座から再引き落とし
  2. 銀行口座振込
  3. コンビニ支払い

例え返済のめどが立っていなくとも、支払う意思を伝えれば、カード会社も口座引き落とし日を調整してくれるなど相談にのってくれます。

クレジットカードの支払い遅延や延滞は、見て見ぬ振りをしているとどんどん事態が悪化するので、決して放置してはいけません。

クレジットカードを支払い遅延・延滞した場合の流れ

クレジットカードの支払い延滞や遅延を起こした場合の流れ

クレジットカードの支払いで遅延や延滞を起こすと、以下の流れにしたがって利用残高を請求されます。

  1. カード会社から催促状が来る
  2. カード会社から電話が来る
  3. クレジットカードの強制解約
  4. 差し押さえ処分

カード会社から催促状が来る

引き落とし日に、口座の現金が不足していると、「今月分の引き落としができませんでした」という文面とともに、再引き落とし日の案内ハガキが届きます。

定められた次回の引き落としまでに口座に現金を準備すれば、遅延・延滞問題は解決です。

指定された返済日までにお金を工面することが難しそうであれば、カード会社に連絡して、引き落とし日を調整してもらうこともできます。

クレジットカード会社から電話が来る

催促状で案内された再引き落とし日になっても口座の現金が足りないと、カード会社から電話がかかってきます。

カード所有者の支払いの意志や、支払い能力を確認するためです。

この連絡を無視していると、実家や勤務先にも電話が来る場合があります。

 

カードの強制解約

カード会社からの電話が繋がらないまま遅延・延滞が3ヶ月続くと、支払いの意志がないと見なされ、クレジットカードは強制解約となります。

クレジットカード利用残高の一括請求書が自宅に届きます。

差し押さえ処分

クレジットカードが強制解約され、一括請求書が届いた後も支払いを無視していると、裁判や支払督促を申し立てられます。

こういった法的な手続きも全て無視した場合、給与や預貯金が差し押さえに。

給与額から税金や健康保険料など生活に必要な分だけ残して、全額が強制的に返済へとあてられます。

クレジットカードで支払い遅延、延滞するとどうなる?

クレジットカードの支払い延滞や遅延を起こすとどうなる?

少しくらい支払いが遅れても大丈夫だろう、と思うかもしれませんが、一回でも延滞は延滞!

クレジットカードで支払い遅延を起こすと、利用者は以下のような形で、ペナルティを受けたり損をすることになります。

遅延損害金が発生する

クレジットカードで支払い遅延や延滞を起こした場合、支払い日の翌日から遅延損害金が発生します。

支払いが遅れたことに対する手数料で、その年利は約20%!

例えば、3万円の支払いが10日遅れた場合は、30000円×0.2÷365×10日=164円となります。

延滞すればするほど、余計なお金がかかってしまうので、延滞を起こした場合は早めに返済計画を立てましょう。

個人信用情報が傷つく

クレジットカードで支払い遅延、延滞を起こしたという事実は、個人信用情報に残ります。

個人信用情報とは、カードローンやキャッシングなど借金に関する個人の記録。

銀行や消費者金融などの金融機関は、新規契約者を審査する際、必ずこの信用情報を照会し、今までお金に関するトラブルがなかったかを調査します。

つまり、クレジットカードで支払い遅延や延滞を起こすと、今後新たなローンの審査に通りにくくなってしまいます。

遅延発生から2ヶ月でブラックリスト入りする

個人信用情報への影響は、どれくらいの期間、クレジットカードの支払いを延滞したかによって変わってきます。

正直、支払いが数日遅れたぐらいなら、今後の借入の審査に響くことはほとんどありません。

しかし、支払い遅延・延滞から2ヶ月(61日)が経過すると、信用情報はブラックリスト入り!

金融事故を起こしたという情報が登録され、5年間は金融機関の審査に通ることが難しくなってしまいます。

まとめ

出費が重なった月は、うっかり起こしてしまいそうな口座残高不足。

しかし、それが原因でクレジットカードの支払いを延滞すると、遅延損害金が発生したり、個人信用情報に傷がついたりしてしまいます。

収支のサイクルを考えながら、毎月きちんと利用残高が返済できるよう、銀行口座を管理しましょう。