クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2020.02.03

クレジットカード現金化とは

クレジットカードの審査って?落ちないためのポイント

アイキャッチ

クレジットカードを作るためには、審査に通過する必要があります。

「クレジットカードを作りたいけど、私の収入でカードって作れるの?」
「審査って収入以外、一体何を見られているの?」

このように、専業主婦の方やフリーターなどで稼ぎが少ない人は、審査に通るかどうか不安という方も多いでしょう。

こんな疑問に応えるべく、今回の記事ではクレジットカードの審査について解説。
申し込む前に知っておきたい、審査に落ちないためのポイントもあわせてご紹介します!

クレジットカードの審査とは

通常、クレジットカードで払った代金は、翌月末にまとめて請求されますよね。

つまり、クレジットカードの利用代金は、口座引き落とし日までカード会社が一時的に代金を立て替えてくれている状態。

もし、カード所有者が代金を払えなかった場合、カード会社は貸したお金を損することになってしまいます。

カード会社は貸し倒れを防ぐために、事前にクレジットカード入会審査で「この人になら○○円まで貸せるな」と利用者の返済能力を審査しているんですね。

審査の流れ

クレジットカードの審査までは、以下の4つのステップを踏むのが一般的な流れとなります。

  1. 個人信用情報の確認
  2. 申し込み内容の確認
  3. 在籍確認
  4. 社内での審議

個人信用情報とは、過去の借金や現在の借入状況など、お金に関する個人の記録。

カード会社は、その記録を確認し、新規申込者に今までお金のトラブルがなかったどうかをまず調べます。

信用情報に問題がなければ、入会申込書などに記入した内容の真偽を確認。
その一環として、申告した勤務先で本当にその人が働いているかどうかを確かめる、在籍確認を行います。

ここまでに問題がなければ、クレジットカードは無事に発行。

何か問題や不安要素を抱えている場合は、社内でカードを発行しても大丈夫かどうか話し合いが行われ、総合的な判断が下されます。

クレジットカードの審査で確認されるポイント

クレジットカードの審査のポイント

クレジットカードの発行審査で重視されているポイントは、主に3つあります。

  • 年齢
  • 年収
  • 信用情報

それぞれの項目について、1つずつ詳しく解説していきます。

年齢

クレジットカードのお申し込みは、金融的な信用という観点から、高校生を除く18歳以上から認められています。

ただし18歳以上でもまだ未成年の場合は、親権者の同意がないとクレジットカードを作ることができません。

年齢制限というとつい下限に目がいきがちですが、実は定年を迎えた65歳以上の方も、返済できなくなるリスクが高まるため、審査の目が厳しくなります。

特にそれ以降の70歳代や80歳代になると、新規入会はかなり高い確率で断られてしまいます。

年収

クレジットカードの審査項目の中でも、年収は返済能力に直結する大切な要素。

一般的には、200万円以上の収入があれば、一般カードの審査に通過する確率が高いと言われています。

職業や雇用形態もあわせてチェックされ、例えば単発で高収入を得ている自営業者やフリーランスの方よりも、公務員など安定的な収入の人の方が有利。

アルバイトやパートでも申し込み可能というクレジットカードの場合は、同居している家族の年収=世帯年収で審査されます。

信用情報

個人信用情報では、キャッシングやカードローンの利用履歴や、現在の借り入れ状況が見られます。

すでにたくさんの債務を抱えている人や、今までの借り入れで延滞が多かった人などは、敬遠してカード会社もお金を貸したがりません。

クレジットカード会社の審査に落ちてしまったら

クレジットカード会社の審査に落ちてしまったら

万全の体制でクレジットカードを申し込んだけど、結果は審査落ちだった…。
そんな場合、落ち込んでいるひまはありません。

次こそ必ずクレジットカードの審査に通過するために、一体何をすべきか、今できることについてまとめました。

延滞せずクレジットヒストリーを積む

クレジットカードの審査では年収だけでなく、返済に対する姿勢というのも評価されます。

借りたお金は必ず返済日に返す、という単純ですが誠実な返済実績を積むことで、カード会社からの信頼は確実にUP。

借りたお金は返してくれる真面目な人だな、と認知されれば、次は審査に通過することができるかもしれません。

正社員登用を目指す

カード会社は、年収の数字と同じくらい、「安定的に収入が得られるか」というポイントも重視しています。

その点、アルバイトやパート、派遣社員など不景気になったらすぐに切られてしまう可能性のある雇用形態は、やはり審査に不利。

年収自体は大して変わらなくとも、正社員というポジションに落ち着くだけで、審査に通過できる可能性はグンと高まります。

信用情報を確認する

年収や職業など、ステータス的には問題ないにも関わらず審査落ちしてしまった場合は、信用情報に問題があるかもしれません。

債務整理や2ヶ月以上の支払い遅延などを起こすと、5年間はその記録が消えません。(自己破産は10年)

こういった重い金融事故があると、どんなにお金があっても審査に通過できる可能性は低いです。

不安な方は一度、個人信用情報を管理する組織である、CICやJICCに問い合わせて確認してみることをおすすめします。

まとめ

クレジットカードの審査では何を見られているのか、そのポイントさえ分かれば何も不安に思うことはありません。

年収などのステータスに不安がある場合は、自分の条件でも審査に通過できそうなクレジットカードを選んで申し込みましょう。