おすすめのクレジットカード現金化の方法とは?安全性・スピード性・換金率を比較 | 換金クレジット

クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

乗り換えキャンペーン実施中!!

前回ご利用のお店より必ず1%以上高い換金率をお約束します。

  • 即日換金!最短5分!!
  • 全国対応!全カードに対応!
  • 創業10年!カード事故0!
  • 大口利用も換金率優遇!!

老舗クレジットカード現金化
優良店だから安心!

公開日 2018.09.11 最終更新日 2021.05.31

クレジットカード現金化とは

おすすめのクレジットカード現金化の方法とは?安全性・スピード性・換金率を比較

アイキャッチ
安藤 博己 (運営者)

この記事の執筆者

安藤 博己 (運営者)

元大手金融会社勤務。 換金クレジット勤続10年目を迎え、これまでに債務管理の仕事を通して多くの現金化利用者と携わった経験を持つ。

日本では総量規制という法律で「借金は年収の1/3まで」と決まっているため、収入のない主婦や無職の方が、銀行やカードローン、消費者金融などでお金を借りるのは難しいという現実があります。

しかし、クレジットカード現金化という方法なら、本人名義のクレジットカードさえ1枚あれば誰でも簡単に現金を作ることが可能!

今回の記事では、そんなクレジットカード現金化を行うための方法として、業者利用と自分で行う方法の2つを解説。

さらに安全かつ迅速に、高換金率を実現できる最新のクレジットカード現金化方法についても紹介していきます。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードを使って現金を作る方法です。 クレジットカードで決済した金額を、現金に換金します。

通常、クレジットカードで現金を借り入れる際は、キャッシング枠を使いますね。 しかしクレジットカード現金化では、ショッピング枠を利用してお金を作るのが特徴です。

キャッシング枠を設定するには、別途審査を通過する必要がありますが、ショッピング枠は初めから、どのクレジットカードにも備わっている機能。

つまりクレジットカードさえあれば、誰でも手軽に現金を作ることができます。

クレジットカード現金化する方法

それでは一体どのようにすれば、クレジットカードのショッピング枠を現金化できるのでしょうか?

基本的には、クレジットカードで商品を購入・転売するのがクレジットカード現金化の鉄則。

カード決済した商品を中古品として転売すれば、その売値が現金として懐に入るというわけですね。

なるべく高値で売却できる商品を選んでカード決済・転売することで、ほぼカード決済額と同じ金額が現金で手に入ります。

クレジットカード現金化は業者利用が主流

クレジットカード現金化するには、その道の専門業者を利用するのが一般的です。

クレジットカード現金化業者には主に、店舗型と無店舗型(ネット型)の2種類が存在します。

店舗型業者

元祖クレジットカード現金化業者とも言うべきなのが、店舗型のクレジットカード現金化業者。

俗に現金化ショップとも呼ばれ、栄えた都市部の駅前や繁華街に、「カードでお金」などと書かれた看板を掲げてお店を開いています。

店舗型業者は、入店さえしてしまえばあとはスタッフの案内にしたがって対面で取引できるので安心。

希望金額を伝えて、それに見合った商品をカードで購入するだけで、現金をもらえます。

無店舗型(ネット型)業者

2000年代になってインターネットが発達すると、現金化業界にも無店舗型(ネット型)業者が現れるようになりました。

業者に直接電話をかけるか、公式サイトにアクセスして申し込みフォームに必要事項を入力、送信することで申し込みが可能。

メールや電話でやりとりを行った後、指定されたサイトで商品をカード購入すると、手数料を差し引いた分の現金が利用者の銀行口座に振り込まれるという仕組みです。

業者が採用しているクレジットカード現金化の方法とは?

それでは現金化業者は一体どんな方法で、クレジットカード現金化を行なっているのでしょうか?

クレジットカード現金化業者が採用している現金化の方法は、大きく分けて、買取方式とキャッシュバック方式の2種類に分かれます。

買取方式

買取方式とは、クレジットカードで購入した商品を転売することで現金を得るという方法です。

クレジットカード現金化の古典的な方法で、主にクレジットカード現金化の店舗型業者でよく使われています。

具体的には、店頭に置いてあるバックなどのブランド品をその場でカード決済し、その場ですぐに商品を買い取ってもらうことで、カード決済額を現金に換えてもらえます。

また、駅前に位置している現金化ショップの場合だと、新幹線のチケットをみどりの窓口で購入するよう言い渡されるケースもあります。

駅までチケットを買いに行ったらまた現金化ショップに戻り、その買取代金として現金が渡されるという仕組みです。

キャッシュバック方式

ネット型業者の誕生にともなって、新しい現金化の方法として登場したのがキャッシュバック方式です。

キャッシュバック方式とは、商品を購入するとその代金の一部がキャッシュバックされるという仕組み。

クレジットカードやWi-Fiの新規申し込みで「いま契約すると○○円キャッシュバック」というキャンペーンと一緒ですね。

例えば、5万円のパワーストーンを、ネット型業者が指定するショッピングサイトでカード決済。 すると、その代金の一部である4万5千円が銀行口座に振り込まれるというような仕組みです。

残りの5千円は手数料としてネット型業者に徴収されるので、手元には返ってきません。

キャッシュバック方式の業者は危険?

クレジットカード現金化は誕生当初、買取方式の店舗型業者を利用するのが主流でした。

そしてインターネットの普及後は、キャッシュバック方式のネット業者が台頭。

しかし近年、キャッシュバック方式はその仕組みの違法性や、カード利用停止の危険性が指摘され、問題視されるようになってきています。

仕組みの違法性が指摘

古典的なクレジットカード現金化の方法である買取方式は、取引上、中古品売買に分類されます。

こういった中古取引は「新しい家電を買ったがライフスタイルに合わなくてすぐ売った」ということが実際にあるように、商品の購入を現金化目的だと断定するのが難しいことから、基本的に法律に抵触しません。

それに対してキャッシュバック方式は、おもちゃやパワーストーンなどの安価な商品をキャッシュバックの口実として販売。 実質的にはあまり価値のないものを、不当な値段で売りつけているということになりますから、法的にはグレーゾーンな取引です。

実際にキャッシュバック方式の業者が逮捕された事例もあり、現在その違法性が指摘されはじめています。

カード利用停止の危険性も

クレジットカードには本来、現金の借り入れ専用枠であるキャッシング枠があります。 それを無視して、買い物専用枠であるショッピング枠を借金目的で利用するクレジットカード現金化は、カード会社の利用規約違反。

このため現金化が流行するにつれて、各カード会社は現金化目的の利用の取り締まりを開始。 買取方式でよく使われる換金性の高い商品のカード購入を取り締まるようになりました。

そんなカード会社の監視の目をかいくぐるために登場したのが、キャッシュバック方式。 おもちゃやパワーストーンなど、一見換金性の低い商品を扱うため、カード会社に現金化目的だとバレづらいことから、一斉を風靡しました。

しかしキャッシュバック方式が主流となった今では、おもちゃの指輪やアクセサリーが、実際の値打ち以上でカード購入されることが、現金化んサインとして疑われるようになってきています。

このため現在キャッシュバック方式は、カード会社に現金化目的がバレる可能性の高い危険な方法。

カード会社に現金化目的でのカード利用がバレると、利用停止や強制解約などのペナルティを喰らい、クレジットカードが使えなくなってしまいます。

今、新しい買取方式のネット業者が話題!

現在、現金化業界で衰退しつつあるキャッシュバック方式。

それに対して法的にも安全で、かつカード利用停止リスクも低い現金化の方法として今注目を集めているのが、買取方式のネット業者です。

メールでの商品受取が可能に

買取方式といえば、一昔前まで、現金化ショップなどの店舗型業者が採用している現金化の方法というイメージで、買取方式のネット業者の方は、あまり人気がありませんでした。

なぜなら、買取方式の取引を合法的に成立させるためには、いったん商品の受け取りが必要。 ネット業者の場合だと、自宅に届いた商品を業者に郵送する必要があったため、手間がかかったんですね。

それだけでなく、商品を確認してからでないと業者から現金を振り込んでもらえないため、着金までに数日〜数週間を要するというデメリットがありました。

しかし、近年新しく登場した買取方式では、オンラインギフト券や情報商材などの無形商品を利用!

メールで受け渡しができる商品を利用することで、郵送の手間をなくし、即日での振込が可能になりました。

さらに、安全かつ高換金率な現金化を実現

新しい買取方式は、キャッシュバック方式や旧式の買取方式に比べて、安全性や換金率も高くなっています。

まず先述したように、買取方式でのクレジットカード現金化は取引上、中古品売買に分類されるため、キャッシュバック方式に比べて法律に抵触する可能性は低いです。

また、カードで購入するのも情報商材やオンラインギフト券などカード会社にマークされにくい商品のため、カード利用停止リスクも低く安全だといえます。

さらに郵送の手間がなくなって事務負担が軽減されたことにより、そのぶん高い換金率での取引が実現できるようになったのも、新・買取方式の魅力です。

このように新・買取方式での現金化は、じょじょに衰退しつつあるキャッシュバック方式に代わって、今後クレジットカード現金化の主流となる方法として、今注目を集めています。

換金クレジットでは、そんな新・買取方式をいちはやく導入! 即日入金OKで、安全かつ高換金率な新しいクレジットカード現金化を、ぜひ試してみてください。

新型コロナ対策バナー

自分でのクレジットカード現金化はおすすめできない

実はクレジットカード現金化は業者に頼らずとも、自分で行うこともできます。

転売しても高値で売れそうな商品を見繕って、クレジットカードで購入。 中古品店や金券ショップに持ち込だり、ネット上で転売すれば売値が現金となって手に入ります

現金化業者に手数料を取られることがないので、売値がそのまま懐に入るというのが、自分で現金化するメリットです。

しかし、中古品売買やクレジットカード現金化が初めてという方には、あまり自分での現金化はおすすめできません。

なぜなら自分でクレジットカード現金化するということは、本来買取方式の業者が担っている工程を、全部一人で行うということ。

当然時間も手間もかかりますし、転売で儲けるためにはそれなりの技術もいります。

失敗すると換金率が低くなる

自分でのクレジットカード現金化で高換金率を狙うとなると、メルカリやヤフオク!などネット上取引の活用は必須です。

しかし、中古取引に不慣れな方が手を出して失敗すると、換金率60〜70%でしか転売できないという事態に終わってしまいます。

それだったら80%前後の換金率で利用できる、クレジットカード現金化業者の優良店の方がお得ですね。

ちなみに換金クレジットなら、ただいま3万円以上のご利用で最低換金率88%を保証中!

「換金率が思ったよりも低くなってお金が足りない」などのトラブルに陥ることなく、確実に必要な現金が手に入ります。

カード会社にバレる可能性が高い

今、自分で行う現金化としては、amazonギフト券などのオンラインギフト券を利用した手法が流行しています。

しかし実は、こういった自分でのクレジットカード現金化をなるべく避けるべき理由は、もう一つあります。 それは、カード会社にバレる危険性が高いということです。

クレジットカード現金化業者はその道のプロですので、企業ぐるみでカード会社の対策を徹底できますが、それに比べて個人で行うクレジットカード現金化のカード会社対策には限界があります。

明らかに高換金率の商品を狙うと現金化目的だとバレやすいですし、かといってカード会社にバレないような商品を選ぼうとすると、時間や手間がかかるほか、失敗して換金率が低くなる可能性も。

このように自分での現金化は、「高換金率を狙おうとすると安全性が低くなる」「安全性を重視すると、換金率が低くなる」というジレンマがあるため、あまり素人にはおすすめできません。

それぞれのクレジットカード現金化の方法を3つの視点で比較!

ここまで紹介してきたクレジットカード現金化の方法は、細かく分類すると以下の通りとなります。

・買取方式の店舗型業者 ・新・買取方式のネット業者 ・キャッシュバック方式のネット業者 ・自分での現金化

次はこれらの4つの方法を、クレジットカード現金化で主に重視される「安全性」「スピード生」「換金率」の3つの視点で比較!

クレジットカード現金化で自分の求めていることが実現できるよう、方法選びの参考にしてみてくださいね。

安全性

クレジットカード現金化は、法的な問題とカード会社にバレた時の利用停止リスクを抱えています。

法的には取引上、中古品売買にあたる買取方式の方が、キャッシュバック方式よりも安全。

そして一番カード会社にバレにくいのは、新・買取方式の現金化業者です。

個人で行う自分での現金化が一番カード会社にバレやすく、続いて古典的な買取方式である店舗型業者や、クレジットカード現金化の常套手段として見抜かれつつあるキャシュバック方式が危険だといえるでしょう。

家族にバレたくない時も新・買取方式がおすすめ

また、クレジットカード現金化が家族にバレたくないという方にも、新・買取方式の現金化業者がおすすめです。

キャッシュバック方式の場合、後日パワーストーンやおもちゃの指輪などが自宅に届きますので、普段ネットショッピングをあまりしないという利用者の場合、家族に疑われるきっかけとなってしまいます。

しかし、新・買取方式のネット業者なら、商品はメール受取可能なので、家族に怪しまれる心配はありません。

店舗型業者は怖い思いをする可能性がある

店舗型業者の場合直接現金を受け取れるので、その場で金額を確かめられるというメリットがあります。

しかし、もし悪質な業者にあたってしまうと、脅迫めいた接客など怖い思いをする可能性もあります。

このためクレジットカード現金化は初めての方や女性の方は、携帯電話やメールでやりとりできるネット型業者の方が安心です。

新型コロナ対策バナー

スピード性

現金を手に入れるまでのスピードも、クレジットカード現金化の方法を選ぶ際の重要な指標です。

スピード性が高いのは、新・買取方式やキャッシュバック方式のネット業者。 電話やネットなどによる最短5分の手続きで、基本的に即日の現金化が可能です。

逆に一番時間がかかるのは、自分でのクレジットカード現金化。 カード会社にバレないよう、換金率の高い商品を探さなければならないほか、購入手続きや転売手続きも全て自分で行わなければならないため、もっとも手間と時間がかかります。

旧・買取方式のネット業者は時間がかかる

ネット型の現金化業者は、基本的にどこでも即日入金が可能です。

ただし、ブランド品や電気機器などの商品を購入し、それを業者に送って換金するタイプ旧・買取方式は、時間がかかるので注意!

郵送を必要とするため、数日〜1週間を要します。

同じ買取方式でも、情報商材やオンラインギフト券など、メールでの受取が可能な無形商品を扱う、新・買取方式の業者を選びましょう。

新型コロナ対策バナー

場合によっては店舗型業者の方が早いことも

ネットの現金化業者では、利用者の指定口座に現金を振り込みますが、現金化ショップなどの店舗型業者を利用した場合は、その場で現金を受け取ることができます。

来店から20分〜30分前後で現金を受け取れるので、勤務地や自宅の近くに現金化ショップがある場合は、そちらの方が早いということもあるでしょう。

ただし現金化ショップは基本的に土日が休業日で、平日も午後6時には閉まってしまうというお店が多いです。

その点、ネット業者なら深夜まで申し込みを受け付けているので、仕事が終わった後でもバッチリ現金調達が可能です。

換金率

クレジットカード現金化の手数料は、換金率という数字で表されます。 いわゆる調達コストという部分になりますから、方法選びの際にはしっかりチェックしておきたいポイントですね。

換金率は、クレジットカードで決済した金額に対して、自分が手に入れられる金額の割合を指します。

例えば現金化業者で5万円の商品をカードで購入して、自分の銀行口座に4万2500円が振り込まれた場合、換金率は42.500÷50,000×100( %)=85%!

また、自分でクレジットカード現金化するために、Amazonギフト券5万円を購入。 買取サイトで4万5000円で売れたという場合は、は45,000÷50,000×100( %)=90%ということになります。

成功すれば、自分での現金化が高換金率

自分でのクレジットカード現金化は、業者利用に比べて手数料がかかりません。 つまり成功すれば、一番換金率が高い方法ということになります。

しかし、中古品売買をしたことがない人だと、思ったよりも換金率が低くなってしまい、最終的に60~70%となってしまうことがほとんど。

それに対してクレジットカード現金化業者の換金率の相場は70〜80%ですから、中古取引に不慣れな場合は業者利用の方が、確実に必要な金額を手に入れることができます。

換金率が高い現金化業者は?

クレジットカード現金化の換金率は、業者の種類や業者ごとに異なります。

実際にお店を構える店舗型業者は、土地代や光熱費が手数料に上乗せされているので、そのぶん換金率も低いです。 それに対してネット型業者は維持費がかからないぶん、高換金率での取引が実現可能となっています。

また近年誕生した新・買取方式はメールで商品のやりとりができるため、さらに郵送費や事務手数料の削減に成功。 キャッシュバック方式のネット業者よりもさらに高換金率での取引が約束できます。

実際に新・買取方式を採用している換金クレジットでも、最低でも88%保証という業界相場を大きく上回る換金率をご提案していますよ。

新型コロナ対策バナー

まとめ

クレジットカード現金化する方法は主に、業者利用と自分でする2つの方法があります。

自分での現金化は成功すれば高換金率が狙えますが、中古取引に慣れていないと少し難しいです。 このためクレジットカード現金化が初めてという方は、業者利用の方が安全かつスピーディだといえるでしょう。

また、現金化業者は店舗型やネット型などの店舗形態や、採用している現金化の方法によってさまざまな種類があります。

その中でも特におすすめなのは、最近登場した買取方式のネット業者です。

従来のネット業者と違って、メール受取可能な商品なので手続き楽々。 カード会社や家族にもバレにくく安全で、郵送費や人件費が削減できるぶん、高換金率での取引が期待できます。

換金クレジットは現金化業界の中でもいちはやく、この新・買取方式を導入したネット型業者の優良店。 お申し込みから最短5分で、銀行口座への入金が可能です。

もし業者選びに迷う時は『クレカ現金化優良業者ランキング』も参考にしてみてくださいね。