※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべてのクレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2018.09.11

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化の方法はどっちを選ぶ?自分での現金化と業者利用

アイキャッチ

日本では総量規制という法律で「借金は年収の1/3まで」と決まっています。

このため収入のない主婦や無職の方が、銀行や消費者金融でお金を借りるのは難しいという現実があります。

しかし、クレジットカード現金化という方法なら、クレジットカードさえ1枚あれば誰でも現金を作ることが可能!

クレジットカード現金化する方法は、専門の現金化業者を利用する方法と、自分で行う方法の2つです。

そこで今回の記事では、クレジットカード現金化する2つの方法についてそれぞれ紹介します。

安全性・入金スピード・換金率の観点から両者を比較し、自分に合ったクレジットカード現金化の方法を選びましょう。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードを使って現金を作る方法です。
クレジットカードで決済した金額を、現金に換金します。

通常、クレジットカードで現金を借り入れる際は、キャッシング枠を使いますね。
しかしクレジットカード現金化では、ショッピング枠を利用してお金を作るのが特徴です。

キャッシング枠を設定するには、別途審査を通過する必要がありますが、ショッピング枠は初めから、どのクレジットカードにも備わっている機能。

つまりクレジットカードさえあれば、誰でも現金を作ることができる方法なんですね。

クレジットカード現金化する方法

クレジットカード現金化する方法

それでは一体どのようにすれば、クレジットカードのショッピング枠を現金化できるのでしょうか?

基本的には、クレジットカードで商品を購入・転売するのがクレジットカード現金化の鉄則。

カード購入した商品を中古品として転売すれば、その売値が現金として懐に入るというわけですね。

なるべく高値で売れる商品を選んでカード購入・転売することで、ほぼカード決済額と同じ金額が現金で手に入ります。

クレジットカード現金化する方法①業者利用

クレジットカード現金化業者の利用

クレジットカード現金化する主な方法は、商品のカード購入と転売。

クレジットカード現金化業者を利用すれば、その全てに関する手続きを、プロに委託できます。

店舗型のクレジットカード現金化業者

元祖クレジットカード現金化業者とも言うべきなのが、店舗型のクレジットカード現金化業者。

俗に現金化ショップとも呼ばれ、栄えた都市部の駅前や繁華街にお店を開いていることが多いです。

入店さえしてしまえば、あとはスタッフと対面で取引できるので安心。

希望金額を伝えて、それに見合った商品をカード決済するだけで、現金をもらえます。

よくあるのは、店頭に置いてあるバックなどのブランド品をその場でカード購入するパターンです。
ただちにカード購入した商品を買い取ってもらうことで、カード決済額を現金に換えてもらえます。

また、駅前に位置している店舗型クレジットカード現金化業者だと、新幹線の切符をみどりの窓口で購入するよう言い渡されるケースもあります。

駅まで切符をカード購入しに行ったら、また現金化ショップに戻り、その切符の買取代金として現金が渡されます。

ネット型の買取業者

これまでクレジットカード現金化といえば、上記で紹介したような現金化ショップのような店舗型現金化業者が主流でした。

しかし2000年代に入ると、ネット上で経営する無店舗型業者が次々に登場。

現在ではそのネット型業者が、クレジットカード現金化をするうえで最もメジャーな方法となっています。

キャッシュバック方式

大半のネット型業者は、クレジットカード現金化の方法としてキャッシュバック方式を採用しています。

キャッシュバック方式とは、商品を購入すると、その代金の一部がキャッシュバックされる仕組みです。

クレジットカードやWi-Fiの新規申し込みで「いま契約すると○○円キャッシュバック」というキャンペーンと一緒ですね。

例えば、5万円のパワーストーンを、ネット型業者が指定するショッピングサイトでカード購入。
すると、その代金の一部である4万5千円が銀行口座に振り込まれるというような仕組みです。

残りの5千円は手数料としてネット型業者に徴収されるので、手元には返ってきません。

キャッシュバック方式の現金化業者は、カード購入した商品をすぐにまた売るという手間がないので、スピーディなのが特徴!

申し込み後最短5分という超スピードで、指定銀行口座に現金が振り込まれます。

買取方式

ネット型業者の中には、クレジットカード現金化の方法として買取方式を採用しているところもあります。

買取方式とは、現金化ショップが導入しているクレジットカード現金化の方法と一緒。

利用者がカード購入した商品を、中古品として買い取り、それと引き換えに現金を渡す方法です。

しかし買取方式のネット型業者は、カード購入して自宅に届いた商品を、業者に郵送するという手間が発生するのであまりおすすめできません。

商品を確認してからでないと、業者から現金を振り込んでもらえないので、着金までに数日〜数週間を要します。

クレジットカード現金化する方法②自分で現金化する

自分でクレジットカード現金化する方法

クレジットカード現金化は業者に頼らずとも、自分ですることも可能です。

転売しても高値で売れそうな商品を見繕って、カード購入。
高く買い取ってくれる中古品店に持ち込んだり、ネット上で転売すれば売値が現金となって手に入ります。

現金化業者に手数料を取られることがないので、売値がそのまま懐に入るというメリットがあります。

しかし、中古品売買やクレジットカード現金化が初めてという方にはまりおすすめできません。

なぜなら、自分でクレジットカード現金化するということは、現金化ショップで実施されている買取方式の工程を、全部一人で行うということ。

当然時間も手間もかかりますし、転売で儲けるためにはそれなりの技術もいります。
特に高換金率を狙うとなると、メルカリやヤフオク!などネット上取引の活用は必須です。

不慣れな方が手を出すと、換金率60〜70%でしか転売できず、業者を利用した方が高換金率だったという事態にもなりかねません。

自分でのクレジットカード現金化と業者利用、お得なのはどっち?

クレジットカード現金化業者と自分での現金化を比較

クレジットカード現金化は、業者利用と自分で現金化する2つの方法があるといいました。 しかし、現金化業者を店舗型業業者とネット型業者に分けると、クレジットカード現金化の方法は以下の3種類と言い直すことができます。

  • 店舗型業者の利用(買取方式)
  • ネット型業者の利用(キャッシュバック方式)
  • 自分でのクレジットカード現金化

それでは次に、この3種類のクレジットカード現金化の方法を、今度は安全性・入金スピード・換金率という3つの観点から比較していきます。!

自分が重視するポイントやクレジットカード現金化に求める条件を軸に、最適な方法を選びましょう。

安全性

クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約違反です。

カード会社は、現金借入専用枠として別途キャッシング枠を設けていますから、それを無視してショッピング枠を換金することは、禁止されているんですね。

このため、現金化目的のカード決済がバレると、利用停止や強制解約などのペナルティが課されます。

現金化目的のカード決済だとバレる原因は主に、金券類やブランド品など高換金率商品の購入。

このように転売しても高く売れる商品は、現金化目的で購入されることが多いため、カード会社の自動検知システムに引っかかりやすくなっています。

したがって、転売することでお金を作る店舗型業者や自分でのクレジットカード現金化は、カード利用停止リスクがあり危険だといえるでしょう。

一方、ネット型業者では、キャッシュバック方式を採用しているので、高換金率な商品をカード購入する必要はありません。

パワーストーンやアクセサリー、おもちゃの指輪など第三者から見て価値の測りづらい商品を採用しているので、カード会社のシステムが作動する心配はなし!

利用停止リスクや強制解約に怯えることなく、安心してクレジットカード現金化が可能です。

入金スピード

もし一刻も早く現金を手に入れたいなら、3つの方法のスピード比較は必須ですね。

24時間365日、いつでもすぐに現金を手に入れられるのは、キャッシュバック方式のネット型業者です。
新規申し込みでも、申し込みから20分〜1時間前後、2回目以降のリピーターなら最短5分で現金を振り込んでもらえます。

ただし、ネット型業者はネット型業者でも、たまに紛れ込んでいる買取方式のクレジットカード現金化業者に注意が必要です。
買取方式だと、カード購入した商品を業者に郵送しなければならず、入金手続きは荷物の確認が取れしだいとなります。

郵送はどんなに早くとも数日〜1週間はかかるので、即日での入金は実質不可能です。

また、店舗型クレジットカード現金化業者は、来店さえすれば確実にその場で現金を受け取ることができますが、営業時間が短いので注意!

多くの店舗型業者は、平日の開店10時〜18時閉店、土日祝日は休業となっています。
そうなると、サラリーマンなどの勤め人の方は営業時間内に来店すること自体が難しいでしょう。

一方自分でのクレジットカード現金化は、換金率にこだわらずに足を使えば、即日でも現金を手に入れることもできなくはありません。

家電量販店や大型電気店で、新作ゲーム機や家電を購入。
その足で中古品店に持ち込めば、商品によって異なりますが、買取代金として換金率60〜70%程度の現金が受け取れるでしょう。

ただし先述したように、自分でのクレジットカード現金化で高換金率を狙うためにはネット上取引の活用が必須。

そうすると郵送を使わざるを得ないので、即日中に現金を手に入れることは難しくなります。

>>>即日でクレジットカード現金化する方法

換金率

クレジットカード現金化のコスト面が気になるなら、換金率を比較することが大切です。

実際、クレジットカード現金化では、カード決済額を100%現金化することはほぼ不可能。
業者を利用すると手数料が徴収されますし、たとえ自分でクレジットカード現金化しても、中古品として商品を転売する以上、新品よりも低い価格での買取となるでしょう。

それでもカード決済額にできるだけ近い数字を目指したいというのであれば、自分でのクレジットカード現金化がおすすめ。
ただし、高値で売れる商品の選定、購入または転売する市場を入念に下調べしないと、高換金率はのぞめません。

したがって、もし自分でのクレジットカード現金化で高換金率を狙うなら、時間を犠牲にする覚悟が必要です。
また、時間をかけたからといって成功する保証はないので、ある意味博打的な方法とも言えるでしょう。

もし確実に必要額を調達したいなら、クレジットカード現金化業者の利用がおすすめ。
事前にきちんと希望金額を伝え、正確な見積もりを出してもらった後で申し込めば、自分の欲しい金額が手に入ります。

店舗型クレジットカード現金化業者は土地代や光熱費がかかるぶん、換金率が低い傾向にあります。
このため低コストでクレジットカード現金化業者を利用したいなら、事務所の維持費がほとんどかかっていないぶん、高換金率が実現できるネット業者がおすすめです。

まとめ

クレジットカード現金化する方法は、業者利用と自分でする2つの方法があります。

換金率90%以上を目指すなら、業者に手数料を徴収されない自分でのクレジットカード現金化がおすすめ。

ただし高換金率を実現させるためには、入念な下調べが必要なので、現金を実際に手に入れるまで数日〜数週間かかります。

くわえて成功するかどうかの保証はありませんので、確実に必要金額を調達したい場合には、現金化業者を利用しましょう。

換金クレジットのようなネット型業者なら、申し込んで最短5分で銀行口座に必要額を入金してもらえます。

もし業者選びに迷う時は『クレカ現金化優良業者ランキング』も参考にしてみてくださいね。