クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

乗り換えキャンペーン実施中!!

前回ご利用のお店より必ず1%以上高い換金率をお約束します。

  • 即日換金!最短5分!!
  • 全国対応!全カードに対応!
  • 創業10年!カード事故0!
  • 大口利用も換金率優遇!!

老舗クレジットカード現金化
優良店だから安心!

公開日 2018.10.23 最終更新日 2018.11.08

色々な現金化方法

ブランド品によるクレジットカード現金化の解説

アイキャッチ
安藤 博己 (運営者)

この記事の執筆者

安藤 博己 (運営者)

元大手金融会社勤務。 換金クレジット勤続10年目を迎え、これまでに債務管理の仕事を通して多くの現金化利用者と携わった経験を持つ。

クレジットカード現金化をする方法は、いくつか存在します。
特に有名なのが、ショッピング枠を活用してのAmazonギフト券と新幹線の回数券、そしてブランド品の購入です。
今回は、その中でもブランド品に焦点を当てて、クレジットカード現金化について見ていきたいと思います。

現金化までの流れ

ブランド品によるクレジットカード現金化の流れとしては、まずはブランド品をクレジットカードで購入するところから始めます。
その後は、ブランド品を買い取ってくれる業者にブランド品を売却することで、現金を手にすることができます。
ブランド品を扱っている店舗であれば、基本的にクレジットカードで購入できることが多いです。
ですので、現金化業者を介さずに自分で現金化をするという人は、新幹線の回数券やAmazonギフト券と同じくらい、よくブランド品を購入する比率が高いです。

クレジットカード現金化のリスク

換金率の変動が大きい

しかしながら、いくらブランド品と言っても、その時の状況やあらゆる要素によって、換金率が大きく変動するのです。
例えば、流行やブランド品そのものの状態にも換金率が変動されるのですが、やはり新品同様であっても、中古として扱われるのは大きなマイナスポイントです。
そこが、新幹線の回数券やAmazonギフト券と大きく異なるポイントでもあります。
新幹線の回数券やAmazonギフト券は、使い切ることが前提になっているため、あまり他の要素に左右されるなんて事はあまりないのです。
一般的に、ブランド品の換金率が80%前後であれば良いと言われていて、実際に70%を下回ることがよくあり、比較すると換金率はあまり高くないです。
ですので、ブランド品でクレジットカード現金化をしたい場合は、現金化そのもののとリターンが少ない、という2つのリスクを考慮しなければなりません。

クレジットカードの利用停止

クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約に反しているため、知られた場合、すぐにクレジットカードが利用停止になる恐れがあります。
Amazonギフト券や新幹線の回数券にも言及できる事ではありますが、利用停止にならないためには、いくつか気を付ける要素があります。
例えば、キャッシング枠を満額、もしくはギリギリまで利用している方は特に気を付けた方が良いです。
キャッシング枠をそれだけ利用しているという事は、お金に困っているとカード会社が判断する可能性が非常に高いからです。
ですので、クレジットカードでブランド品を1回購入しただけでも、カード会社に現金化を疑われ、利用停止になる事があります。
いくら現金が手に入ったとしても、便利なクレジットカードが利用停止になっては代償が大きいので、利用状況などをきちんと吟味してから購入しましょう。

入念な情報収集が必須

調べる

ブランド品の調査

ブランド品でクレジットカード現金化を行いたい場合、入念な情報収集が必須です。
先程もご紹介したように、ブランド品の換金率は変動が大きいので、人気と需要があるブランド品をきちんと見極めなければなりません。
その時の流行や、人気シリーズの色や素材などをきちんと吟味した上で、クレジットカードでブランド品を購入しましょう。

買取業者の調査

買取業者によっては、同じ品物でも買取価格が異なることがよくあります。
ですので、買取業者の入念な調査も、クレジット現金化するためには必須です。
また、悪徳な買取業者も少なからず存在するので、その点にも気を付けましょう。

売却する時の注意点

ブランド品を売却する時は、傷や色褪せ、付属品や保証書などの不足は、もしも人気商品で換金率が高かったとしても、買取価格が下がる要因となります。
他にも、保存袋や箱も捨てないで保存しておいた方が良いです。
そして、ブランド品をクレジットカードで購入したら、なるべく早く売却しましょう。

まとめ

ブランド品によるクレジットカード現金化は、よく用いられている方法です。
しかしながら、ブランド品の場合は特に注意しなければならない点が多いので、その分リスクは高くなってしまいます。
それでも現金化をしたいという方は、リスクをきちんと把握してから行うようにしましょう。

ブランド品によるクレジットカード現金化の解説