楽天Edyを現金化するには?チャージ残高を現金に換える方法 | 換金クレジット

クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

乗り換えキャンペーン実施中!!

前回ご利用のお店より必ず1%以上高い換金率をお約束します。

  • 即日換金!最短5分!!
  • 全国対応!全カードに対応!
  • 創業10年!カード事故0!
  • 大口利用も換金率優遇!!

老舗クレジットカード現金化
優良店だから安心!

今なら乗り換えの方は
換金率93%以上
ご利用いただいております!

公開日 2021.11.01 最終更新日 2021.11.01

色々な現金化方法

楽天Edyを現金化するには?チャージ残高を現金に換える方法

アイキャッチ

この記事の執筆者

安藤 博己 (運営者)

元大手金融会社勤務。 換金クレジット勤続10年目を迎え、これまでに債務管理の仕事を通して多くの現金化利用者と携わった経験を持つ。

楽天Edyとは、楽天Edy株式会社が運営するプリペイド型電子マネーです。

事前にチャージすることで、楽天Edy加盟店で現金のかわりとして支払うことができます。

この記事では、楽天Edyの利用残高を現金化する方法や、楽天Edyを使って現金を作る方法について紹介していきます。

楽天Edyとは

楽天Edyは、スマホやカードをタッチするだけで支払い可能な電子マネーです。

200円(税込)の支払いごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

現在85万ヶ所以上あるコンビニやレストラン、スーパーなどの加盟店で利用可能です。

新型コロナ対策バナー 乗り換えキャンペーンバナー他社からの乗り換えの方はタップして問い合わせる

楽天Edyの種類

楽天Edyの種類

楽天Edyには、楽天ポイントカードやクレジットカードなど、さまざまな機能を付帯したものがあります。

まずは、以下の楽天Edyの種類について一つずつ紹介していきます。

  • 楽天Edy機能付きポイントカード
  • 楽天Edy機能付き付クレジットカード
  • 楽天Edyのアプリ

楽天Edy機能付きポイントカード

楽天Edyと楽天ポイントカードが一体化したカードです。

加盟店で楽天Edyとして支払いができるほか、楽天ポイント加盟店でカードを提示すれば200円(税込)ごとに2ポイントの楽天ポイントが貯まります。

カードタイプだけでなくコイン型のものもあり、専用ケースにセットすれば、楽天の公式キャラクター「お買い物パンダ」のキーホルダーで支払うこともできます。

楽天Edy機能付きクレジットカード

楽天Edyとクレジットカードが一体化したカードです。

楽天カードの申し込み時に、Edy機能を追加することで発行が可能になります。

1枚のカードでクレジット払いと楽天Edyの支払いが使い分けられるため、複数のカードを持ち歩きたくないという方にぴったりです。

すでに楽天カードを持っている場合でも、会員サイト「楽天e-NAVI」からEdy機能付きへの切り替え手続きを行うことができます。

また、支払いに楽天カードを利用した場合は、100円(税込)ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

楽天Edyのアプリ

楽天Edyは、おサイフケータイ対応のAndroid端末であればスマホでの利用も可能です。

楽天Edyのアプリ、または楽天ペイアプリ内のEdy機能を使うことで、スマホをかざすだけで決済ができます。

新型コロナ対策バナー 乗り換えキャンペーンバナー他社からの乗り換えの方はタップして問い合わせる

楽天Edyのチャージ方法

楽天Edyはプリペイド型の電子マネーのため、利用するためには事前にチャージが必要です。

チャージ方法は、基本的には現金、クレジットカード、または1ポイント=1円とする楽天ポイントでのチャージの3種類。

さらにおサイフケータイの場合は、銀行口座からのチャージも可能になります。

楽天カードから楽天Edyにチャージすると、100円(税込)につき1ポイントの楽天ポイントが貯まるためお得です。

楽天Edy機能付きクレジットカードやおサイフケータイなら、楽天Edyの残高が設定金額以下となった場合、自動的にクレジットカードからチャージされるオートチャージ機能も利便性が高いですよ。

楽天Edyと楽天ペイの違い

楽天グループが提供するキャッシュレス決済として、楽天Edyのほかに楽天ペイというのがあります。

楽天Edyは電子マネーで、カードやスマホでタッチすることで支払いが可能です。

それに対して楽天ペイはスマホ決済で、レジでバーコードを提示することで支払いができます。

また、楽天Edyは事前にチャージが必要な「前払い式」ですが、楽天ペイの場合は、登録したクレジットカードから直接支払う「後払い式」が選択できるのも特徴です。

楽天Edyの利用残高を現金化する方法

楽天Edyの利用残高を現金化する方法

楽天Edyの利用残高を現金に戻したい…。

そんな時、楽天Edyの利用残高を現金化することはできるのでしょうか?

楽天Edyで購入した商品を返品

電子マネーで購入した商品の返金処理は、基本的に現金で行われます。

このため、楽天Edyを利用して商品を購入した後すぐに商品を返品すれば、利用金額が現金で返ってきます。

これならなんと、換金率100%で楽天Edyの現金化が可能ですね。

ただし、返品に関する規定は店舗や品物によって異なります。

返品を受け付けてもらえず、換金率0%になってしまったなんてことのないよう、きちんと条件を確認しておきましょう。

また、同一店舗で繰り返すと、ブラックリストに入れられてしまい、入店を拒否されたり、トラブルに発展したりする可能性があるため注意が必要です。

コンビニまたはユニクロでの返品がおすすめ

返品での現金化を考えているなら、コンビニまたはユニクロでの返金処理をおすすめします。

コンビニで商品の購入・返品を行うなら、狙い目は煙草。

番号管理による買い間違えが多いため、コンビニ店員も煙草の返金には慣れている傾向があります。

また、ユニクロは公式サイトで、「交通系ICカードやWAON、nanacoや楽天Edyなど電子マネーで購入した商品は現金で返金する」と返金対応を明記しています。

商品と購入時のレシート、利用明細書(お客様控え)を購入店舗に持っていけば、現金で返金してもらうことが可能です。

楽天Edyで購入した商品を転売

購入した商品の返品は、店員さんに迷惑がかかるほか、失敗した場合換金率が0%になるというリスクがあります。

もし安全に楽天Edyの利用残高を現金化したいなら、 楽天Edyで換金性の高い商品を購入・転売するというのもう一つの手段です。

換金性の高い商品といえば、まっさきに金券類が思い浮かびますが、残念ながら楽天Edyで購入できる金券類はほぼありません。

このため、電化製品やゲーム機、楽器など、転売してもなるべく高値で売れる商品を中古品店に持ち込んで買い取ってもらうのがおすすめです。

楽天Edyを経由してクレジットカード現金化

今ある楽天Edy利用残高よりも、少し多めに現金が必要という時は、クレジットカードから楽天Edyにチャージをして、その利用残高を換金するという方法も。

例えば、「楽天Edyには2万円しか入っていないけど、どうしても3万円の現金が欲しい。」という場合、楽天Edyにクレジットカードで1万円をチャージします。

その合計残高を上記で紹介した二つの方法で現金化すれば、必要な金額が手に入ります。

新型コロナ対策バナー 乗り換えキャンペーンバナー他社からの乗り換えの方はタップして問い合わせる

5万円以上の現金が必要ならクレジットカード現金化

楽天Edyの利用残高の上限は5万円。

このため、それ以上に現金が必要な場合は、何か他の方法を考える必要があります。

おすすめなのは、クレジットカードで決済した金額を、現金に変えてくれるクレジットカード現金化業者を利用すること。

楽天Edyの現金化には、自分で商品を購入したり転売したりと手間がかかりますが、クレジットカード現金化業者の利用なら簡単です。

ネットまたは電話でお申し込みを済ませた後、スタッフの指示にしたがってPCやスマホの操作を行うだけで、カードで決済した金額を銀行口座に振り込んでもらえます。

換金率がどうなるか最後まで分からない楽天Edyの現金化とちがって、確実に必要な金額が手に入るのも嬉しいポイントです。

換金クレジットはただいま、3万円以上のご利用で換金率88%以上を保証中。

手持ち現金が足りないという時に、ネット手続きだけでまとまったお金を簡単に用意することが可能です。