Kyash残高を現金化する方法ってある?詳細を解説 | 換金クレジット

クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

乗り換えキャンペーン実施中!!

前回ご利用のお店より必ず1%以上高い換金率をお約束します。

  • 即日換金!最短5分!!
  • 全国対応!全カードに対応!
  • 創業10年!カード事故0!
  • 大口利用も換金率優遇!!

老舗クレジットカード現金化
優良店だから安心!

今なら乗り換えの方は
換金率93%以上
ご利用いただいております!

公開日 2019.12.26 最終更新日 2021.04.26

色々な現金化方法

Kyash残高を現金化する方法ってある?詳細を解説

アイキャッチ

この記事の執筆者

安藤 博己 (運営者)

元大手金融会社勤務。 換金クレジット勤続10年目を迎え、これまでに債務管理の仕事を通して多くの現金化利用者と携わった経験を持つ。

Kyashはカードやアプリで利用可能なプリペイド式のVisaカードです。

誰でもすぐに利用登録でき、現金やクレジットカード、デビットカードなどから事前にチャージすることで使うことができます。

国内外のVISA加盟店に対応しているため、さまざまな店舗で利用可能なKyashですが、中にはその残高を現金化したいという方もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、数あるキャッシュレス決済の一つであるKyashを現金化する方法や、もっとお得な現金化方法について解説していきます。

そもそもKyashとは

Kyashとは株式会社Kyashが提供している送金・決済サービスです。

国内外に3800万以上あるVISA加盟店で決済可能。
銀行口座やクレジットカード、デビットカードから事前にチャージすることで使えます。

さらに友人や同僚などユーザー同士の送金も可能です。

Kyashの種類

スマホを見る女性

VISA加盟店での決済や個人間送金が可能なKyash。

そんなKyashのカードは以下の3種類があり、利用可能な場所や発行手数料はそれぞれのタイプによって異なります。

  • Kyash Card Virtual(アプリ)
  • Kyash Card Lite(リアルカード)
  • Kyash Card(リアルカード)

各種カードはアプリから申し込み可能で、流れとしてはまず、アプリをダウンロードして会員登録。
すると、アプリから決済が可能なKyash Card Virtualが即時で発行されます。

発行されたKyash Card Virtualは入金さえすればすぐに利用可能。

Kyash Card LiteやKyash Cardなどさらに利用の幅が広がるリアルカードが欲しい場合は、その後アプリで続けて申し込み手続きを行うことで発行が可能です。

Kyashの現金化を行う前に、まずは各々のカードの特徴について知っておきましょう。

Kyash Card Virtua(アプリ)

Kyash Card Virtuaは、無料で利用可能な決済アプリ(バーチャルカード)です。

アプリ上で、メールアドレスと携帯電話番号を申請することで、即時で発行が可能。

オンラインのVISA加盟店で使うことができ、Apple PayやGoogle Payに登録することでQUICPayとしても利用できます。

1回あたりの決済上限額は、本人確認済みのアカウントの場合は10万円。
未確認の場合は3万円となっています。

Kyash Card Lite(リアルカード)

無料で利用可能なKyash Card Virtuaが決済できるのは、オンライン上のみ。

このためもし国内のVISA加盟店(実店舗)でKyashを利用したい場合は、リアルカードであるKyash Card Liteを発行する必要があります。

Kyash Card Liteは、海外のVISA加盟店のオンライン決済にも対応しており、発行手数料は300円。

1回あたりの決済上限額は本人確認済みのアカウントの場合は10万円で、未確認の場合は5万円となっています。

Kyash Card(リアルカード)

国内だけでなく、海外でもカードを使用したいという場合は、Kyash Cardを発行すれば、海外のVISA加盟店でもKyashが利用できるようになります。

Kyash Cardの発行には本人確認が必須。

手数料も900円と3種類の中ではもっとも高額ですが、そのかわりカード本体のタッチによるサインレス決済が可能となるため、スピーディかつ衛生面も安心です。

さらに1回あたりの決済上限額も30万円となるなど、Kyashの利用の幅が最も広がるカードとなっています。

Kyashを利用するメリット

ポイントを指摘する女性

昨今では、スマホで手軽に決済や送金が行えるサービスが増えていますが、その中であえてKyashを選ぶメリットはあるのでしょうか?

ここからは、Kyashを利用する以下のメリットについて紹介していきます。

  • 多くのお店で利用可能、管理も楽ちん
  • ポイントが二重取りできる

多くのお店で利用可能、管理も楽ちん

Kyashは、アプリで誰でも無料で発行が可能。
なおかつ国内外のVISA加盟店で決済可能という、利便性のあるキャッシュレス決済です。

あらかじめ使う分だけ銀行口座やコンビニから入金しておけば、クレジットカードとちがって使いすぎの心配もなし!

利用残高はリアルタイムでアプリに反映されるだけでなく、支出を自動でカテゴリ別に分けてくれるので、家計の管理にも便利です。

ポイントが二重取りできる

さらにKyashには、チャージ原資としてクレジットカードを利用すると、ポイントがお得に貯められるというメリットもあります。

チャージ時には、クレジットカードのポイントが付与。
そしてさらにKyashでの決済時にはKyashポイントが付与されるため、ポイントの二重取りが可能です。

他のスマホ決済では、例えばPayPayはYahoo!カード、楽天ペイなら楽天カードというように、ポイント還元の対象となるクレジットカードが限定されています。

それに対してKyashは、さまざまなクレジットカードがポイント還元の対象となるため、手持ちのカードでお得にポイントを貯めることができます。

Kyashを現金化するのは難しい

バツ

多くのお店で決済が可能なKyashですが、支払いの自由度で現金に勝るものはありません。

このためKyashユーザーの中には、何とかしてKyashを利用した現金化を検討している方もいるでしょう。

実はKyashは、2020年8月27日に「資金決済に関する法律」に基づく資金移動業の登録を完了。

これをうけて同年9月にサービスの一部変更を含むアップデートが行われ、Kyash残高を銀行口座から出金することが可能になりました。

Kyash残高を現金化したいユーザーにはまさに朗報…!かと思いきや、残念ながらクレジットカードやデビットカード、Kyashポイントなどから入金したKyash残高は、送金や出金ができないというきまりになっています。

このように利用残高の出金ではすでに現金化対策が練られているため、Kyashを使った現金化は難しいです。

そこでおすすめなのが、Kyashに登録しているクレジットカードを使って現金を作る方法です。

世の中には、クレジットカード現金化業者といって、クレジットカードの利用可能枠を現金に変えるサービスを提供している専門業者が存在します。

クレジットカード現金化は、買い物専用枠であるショッピング枠に空きのあるクレジットカードさえ1枚あれば、誰でも利用可能。

その道のプロに手続きを任せられるので、わざわざ自分でもできそうな現金化の方法を調べたり、「もしかしたらカード会社にバレるのではないか」などの不安に駆られる必要はありません。

案内にしたがってネットショッピングをするだけで、カードの決済金額が現金となって銀行口座に振り込まれる便利なサービスです。

新型コロナ対策バナー

どうしてもKyashを現金化したいならamazonギフト券買取

Kyashでの現金化は難しいと分かっていても、どうしても今あるKyash残高を現金化してしまいたい…。

そんな風にKyash残高を大幅に余らせているという場合には、amazonギフト券買取という手段があります。

amazonギフト券買取とは、世界最大級のネット市場Amazonで利用できる『amazonギフト券』を購入、転売することです。

電子マネーで購入したamazonギフト券を転売すれば、その売上は現金となって手に入ります。
このようにして電子マネーの利用残高を現金化するのが、amazonギフト券買取という裏技なんですね。

商品券の転売は現金化の方法として定番ですが、その中でもamazonギフト券は専門サイトでかなりの高値で取引されており、なおかつオンラインで購入できるため、現金化するのにもってこいの商品として今注目を集めています。

クレジットカードがあるなら現金化業者の利用がおすすめ

スーツ姿の男女

Kyash残高が大量に余っているなら、確かにamazonギフト券買取という手段もあり。

しかし、もし本当に必要な現金を確実に手に入れたいなら、クレジットカード現金化業者の利用をおすすめします。

なぜならamazonギフト券買取は、amazonギフト券の購入から転売まで、全てを自分で行わなければなりません。

実はamazonギフト券にはいくつかの種類があり、買うタイプや買い方を間違えてしまうと、全く買い取ってもらえないなんてこともあるんです。

その点クレジットカード現金化業者は、商品の指定から購入の手続きまで、スタッフが丁寧に案内してくれるので安心。

事前に欲しい金額を伝えておけば、本当に必要な金額が簡単かつ確実に、しかも即日で手に入ります。

また、Kyashアプリの利用上限額は10万円ですが、それに対してクレジットカードはショッピング枠の空いている分ならいくらでも現金化が可能。

このため高額の現金調達にも、クレジットカード現金化がおすすめです。

新型コロナ対策バナー

換金クレジットの換金率は業界最高水準!

クレジットカード現金化業者を利用するには、手数料がかかります。

クレジットカード現金化業者の手数料は換金率という数字で表され、その業界平均は良くても70〜80%前後。

つまり1万円の現金が欲しい場合は、カード決済した金額1万円に対して、その80%である8,000円が手に入る計算になります。
残りの20%である2,000円は、手数料として業者に支払う必要があるということですね。

しかし、クレジットカード現金化業者の優良店である換金クレジットでは、ただいまお得なキャンペーンを実施中!

3万円以上のご利用で最低88%の換金率を保証しているため、額面のほぼ10%前後という破格の手数料で現金化が可能です。

また、もし以前に他のクレジットカード現金化業者を利用したことがあるという方には、必ずそれよりも1%以上高い換金率を約束する、乗り換えキャンペーンも実施しております。

「現金化をするのは初めて」という方はもちろん「高換金率の業者を探している」という現金化ユーザーの方もぜひ一度、電話または申し込みフォームにてお問い合わせください。

新型コロナ対策バナー

まとめ

VISA加盟店での決済や、ユーザー間での送金が可能なKyashは、利用残高を現金引き出しできるサービスを開始。

しかし、クレジットカードやデビットカード、ポイントからチャージしたKyash残高は出金不可となっているため、Kyashを利用した現金化は難しいというのが現状です。

そして残念ながらKyashに限らず、決済アプリや電子マネーの現金化は、年々その対策が厳しくなってきています。

このためもし現金が必要なら、その道のプロであるクレジットカード現金化業者に依頼するのが一番です。

クレジットカード現金化は、20年以上前から存在する現金化の方法なので、換金クレジットのような老舗業者を利用すればまず安全。

クレジットカードさえ1枚あれば、あとはスタッフの案内にしたがって手続きするだけで、決済金額が現金となって銀行口座に振り込まれますよ。

カード会社にバレずに安全に、そして最短即日という他の方法にはないスピード感で、必要なお金をGETすることが可能です。