クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2019.11.29

色々な現金化方法

メルカリでクレジットカード現金化はできるの?詳細まとめ

アイキャッチ

何が何でも現金が必要…。 そんな時には、クレジットカードを使った現金化がよく使われる手法として有名です。

クレジットカード現金化の方法はいくつかありますが、フリマアプリの代表格であるメルカリを経て現金化したい…と思っている方は多いのではないのでしょうか。

ここでは、メルカリでクレジットカード現金化ができるのかどうかを詳しく解説していきます。

メルカリでクレカ現金化をするのはおすすめしない理由

結論から言うと、メルカリでクレジットカード現金化をするのはおすすめしません。

以前まではクレジットカード現金化ができたのですが、ある事件を境に、メルカリで行うのは厳しくなってしまったからです。

以下にて、その理由の詳細を見ていきます。

出資法違反で逮捕者が出た

知っている方もいるかもしれませんが、メルカリで出品していた一般ユーザーが、出資法違反で逮捕された事件が2017年11月に起きました。

それ以前から、メルカリを含めた全てのフリマアプリやネットオークションで現金紙幣を出品することは禁じられていたのですが、「銀貨」や「新銀」等の隠語を使って現金を隠れて出品していたみたいです。

それだけならまだしも、現金の売買のはずが実際にはお金の貸し借りであり、利息とみなされた金額が超高金利貸と判断されたため、一般ユーザーが出資法違反で逮捕されてしまったのが真相です。

このケースは極端ですが、そもそもとして現金の出品は認められていないので、メルカリを経て現金そのものを手に入れるのは難しいです。

ギフトカードの出品も禁じられている

では、現金がダメなら換金性の高いギフトカードを、クレジットカードを用いてメルカリで購入すればいいのでは、と思う方がいるのではないのでしょうか。

特にamazonギフト券は換金性の高いギフトカードとして有名なので、手に入りさえすれば、現金化する手法はいくつかあります。

しかし、メルカリではギフトカードの出品も禁じられています。
換金性が比較的に高いギフトカードを活用できないのも、メルカリでのクレジットカード現金化をオススメしない理由の1つになります。

suica等現金化目的の商品も出品できない

以前までは現金やギフトカードが出品できなくても、あらかじめ高額チャージされたsuica等、網の目をくぐるように現金化を目的とした商品がメルカリで出品されていました。

ですが、現金化目的の商品は発見次第削除する等、メルカリは以前よりも監視体制を強めています。

こういった理由があり、従来の方法を用いてメルカリでクレジットカード現金化をするのは、困難と言わざるを得ないのが実情です。

転売ならメルカリでも可能となっている

換金性が高いと思われる商品をメルカリで購入し、フリマアプリやネットオークション、質屋等で転売するという方法でしたら、メルカリでも一応可能です。

例えば、ゲーム機やブランド品でしたら、転売でも価値の下がりにくい商品として認知されています。

メルカリでの転売のデメリット

ただし、転売であってもクレジットカード現金化をメルカリで行うには、デメリットがあります。
では、どういったデメリットがあるのかを以下にてご紹介します。

高い換金率を期待できない

高い換金率を期待できないことが、メルカリでクレジットカード現金化を行うことのデメリットの1つになります。

メルカリで売るにしろ他の媒体で売るにしろ、期待通りの換金率で売却できるかどうかが保証されている訳ではありません。
そのため、事前に換金率の高い商品を入念にリサーチしなければなりません。

また、メルカリやいくつかのオークションサイトでは、販売手数料(メルカリでは出品金額の10%)が設定されています。

商品の売却額が購入額を上回っているのでしたら、手数料はそこまで気にならないかもしれませんが、たいていの場合は売却額が購入額を下回ります。
そのうえ販売手数料も徴収されるとなると、メルカリで転売およびクレジットカード現金化をするのは、高い換金率を期待できないために得策とはあまり言えません。

現金化まで時間が掛かる

購入前に換金率の高い商品をリサーチするには、相応の時間を費やさなければなりません。

また、購入した商品が自宅に届くまでにも時間は掛かりますし、その商品の買い手を探すのにも時間が掛かります。

つまり、メルカリ内で転売を完結する、あるいはメルカリで購入して他の媒体で売却するにしても、手間はどうしても掛かってしまうのです。
さらに、お金が自分の口座に振り込まれるまでにも時間も掛かります。

よって、メルカリを経た転売によるクレジットカード現金化は、現金を今すぐにでも欲しい場合には適切と言える手段ではありません。

クレカ現金化を安全かつスピーディにしたいなら優良の現金化業者へ

案内

クレジットカード現金化を安全確実に、そのうえ高い換金率で手早く行いたいのでしたら、優良の現金化業者に依頼しましょう。

インターネットや口コミで優良とされている現金化業者は、クレジットカードが利用停止にならないためのノウハウを持っているため、安全確実に現金化が行えます。

また、優良業者の中には「最短即日の現金化も対応」というケースも多いので、手間を掛けず今すぐにでも現金が欲しいという場合にはおすすめです。

クレジットカード現金化を考えている方は、メルカリではなく優良な現金化業者に依頼するようにしましょう。