楽天ポイントを現金化するには?換金率100%でお得に換金する方法 | 換金クレジット

クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

乗り換えキャンペーン実施中!!

前回ご利用のお店より必ず1%以上高い換金率をお約束します。

  • 即日換金!最短5分!!
  • 全国対応!全カードに対応!
  • 創業10年!カード事故0!
  • 大口利用も換金率優遇!!

老舗クレジットカード現金化
優良店だから安心!

今なら乗り換えの方は
換金率93%以上
ご利用いただいております!

公開日 2021.11.01 最終更新日 2021.11.01

色々な現金化方法

楽天ポイントを現金化するには?換金率100%でお得に換金する方法

アイキャッチ

この記事の執筆者

安藤 博己 (運営者)

元大手金融会社勤務。 換金クレジット勤続10年目を迎え、これまでに債務管理の仕事を通して多くの現金化利用者と携わった経験を持つ。

「貯めるなら ラララ楽天ポイント〜♪」というCMでおなじみの楽天ポイント。

その耳に残るメロディと、お尻をふりふりしながら踊る楽天公式キャラクター「お買い物パンダ」が可愛いと話題です。

この記事では、そんな楽天ポイントのさまざまな使い道を紹介。

貯まった楽天ポイントを実質現金化する方法や、そのまま現金に換える方法について解説していきます。

楽天ポイントとは

楽天ポイントとは、「楽天ポイントカード」や「楽天ポイントカードアプリ」を提示することで貯まるポイントのことです。

楽天ポイント加盟店での提示や、楽天グループのサービスを利用することで、利用金額に応じたポイントが貯まります。

現金支払いの場合、楽天ポイント加盟店における還元率は0.5%〜1%です。

そして、楽天のショッピングサイトである楽天市場で買い物をした場合、現金支払いだと1.5%の還元率でポイントが加算されます。

楽天の支払いサービスでもっとお得に貯められる

楽天の支払いサービスでもっとお得に貯められる

楽天ポイントは現金以外にも、楽天のクレジットカードである楽天カードや、楽天が運営する電子マネーである楽天Edyなどを使えばもっとお得に貯めることが可能です。

楽天カード

数ある楽天の決済サービスの中でも、もっともポイントの還元率が高いのは楽天カードです。

楽天ポイント加盟店以外でも、支払いに利用することで利用金額の1%のポイントが貯まります。

また、楽天市場で買い物をした時の還元率は最低でも2%で、さまざまな条件をクリアすれば最大16%までアップします。

楽天Edy

楽天Edyは、事前にチャージして使うタイプの電子マネーです。

プリベイド型のカードを発行するか、おサイフケータイ対応のAndroid端末であれば、楽天Edyのアプリ、または楽天ペイのアプリ内のEdy機能を利用することでスマホをかざして支払うことも可能です。

楽天ポイント加盟店以外で支払いに利用した場合も、0.5%の還元率でポイントが貯まります。

楽天ペイ

楽天ペイは、楽天が運営するスマホ決済手段です。

専用アプリを事前にダウンロードしておき、レジでQRコードやバーコード画面を提示することで支払いが完了します。

楽天Edyは、現金またはクレジットカードから事前にチャージを行う前払い式。

それに対して楽天ペイの場合は、特定のクレジットカードを支払い元として登録しておく後払い式も選択することが可能です。

楽天ペイの還元率は、設定した支払い元によって異なります。

楽天カードからチャージをすればそれだけで0.5%、その楽天ペイで支払いを行えばさらに1%の還元率となるため、合計1.5%の還元率でポイントが貯められます。

このため、普段のお買い物で利用するなら、楽天カードよりもお得にポイントを貯めることが可能です。

新型コロナ対策バナー 乗り換えキャンペーンバナー他社からの乗り換えの方はタップして問い合わせる

楽天ポイントの種類

楽天ポイントは基本的に1ポイント=1円として利用可能です。

ただし、楽天ポイントには、通常ポイントと期間固定ポイントの2種類があり、それぞれ有効期限や利用できるサービスに違いがあります。

通常ポイント

楽天ポイント加盟店や楽天市場などでお買い物をした際に付与されるポイントは、通常ポイントといいます。

通常ポイントの有効期限は最後にポイントを獲得した日から1年間です。

ただし、有効期限内に新しくポイントを獲得すれば、それまでに貯めたポイントも自動的に1年間、有効期限が延長される仕組みとなっています。

このため楽天カードや楽天市場など、楽天のサービスをよく利用する人は、ポイントが失効しにくいといえるでしょう。

期間限定ポイント

期間限定ポイントは、楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソンなど、特定のキャンペーンによって獲得可能です。

進呈時に有効期限が設定されており、それを過ぎると自動的にポイントは失効します。

複数の期間限定ポイントを保有している場合は、有効期限が近いものから順に消費されます。

通常ポイントとちがって、新規ポイントを獲得しても有効期限は延長されないため、こまめに有効期限を確認しておく必要があります。

また、通常ポイントと違って、期間限定ポイントはすべての楽天サービスで利用できるわけではありません。

例えば、通常ポイントの場合は楽天Edyへのチャージが可能ですが、期間限定ポイントではそれができないなど、用途に一部制限があります。

楽天ポイントを現金化する方法

楽天ポイントを現金化する方法

もし、楽天ポイントを現金化したいなら、楽天市場で商品券かギフトカードを購入するのがおすめです。

楽天市場では、全国百貨店共通商品券や、JCBギフトカードなどが販売されています。

こういった商品券を楽天ポイントで購入し、金券ショップで換金すれば、その売値を現金として手に入れることが可能です。

通常ポイントはもちろん、期間限定ポイントでもこの方法を利用することができます。

ポイントの利用上限に注意

中には、楽天ポイントを目標金額になるまで貯めてから現金化しようと考えている人もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、一回で使えるポイント数は、楽天会員のランクごとに異なるため注意しましょう。

最上位ランクのダイヤモンドなら、50万ポイントまで一度に利用することが可能です。

しかし、それ以外のレギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナの4つのランクは、一度に3万ポイントまでしか利用することができません。

3万円以上の現金化なら業者利用がおすすめ

もし、3万円以上の現金化を希望する場合は、楽天ポイントではなく楽天カードを使って現金化することをおすすめします。

換金クレジットのように、クレジットカード現金化の専門業者に依頼すれば、決済した金額を現金に変えて自分の銀行口座に振り込んでもらうことが可能です。

自宅にいながらネット手続きだけで簡単に、必要な金額を調達することができます。

新型コロナ対策バナー 乗り換えキャンペーンバナー他社からの乗り換えの方はタップして問い合わせる

楽天ポイントを実質現金化する方法

楽天ポイントを実質現金化する方法

楽天ポイントは一度に3万円までしか利用できないため、高額の現金化は楽天カードで行うのが良いでしょう。

楽天ポイント自体は、以下の方法でも実質現金化することができるので、使い道にはきっと困らないはずですよ。

  • 加盟店でのポイント利用
  • 楽天ペイや楽天Edyでの支払い
  • 楽天カードの引き落とし
  • ふるさと納税
  • 楽天証券で投資

加盟店のポイント利用

楽天ポイントは、ポイント加盟店で1ポイント=1円で支払いが可能です。

レジで楽天ポイントカード、またはスマホアプリのバーコード画面を提示して、使用したいポイント数を伝えましょう。

楽天ペイや楽天Edyでの支払い

楽天ポイントは、楽天ペイの支払い元として設定することも可能です。

また、こちらは通常ポイントのみの方法となりますが、楽天Edyにチャージすることもできます。

楽天EdyのWebサイトで「ポイントチャージ」のページにとんで、「ポイントチャージ申請」から手続きを行いましょう。

楽天カードの引き落とし

楽天カードが提供する「ポイントで支払いサービス」を利用すれば、楽天ポイントを楽天カードの支払いにあてることが可能です。

楽天の会員サイト「楽天e-NAVI」にログインし、支払いにあてたいポイント数を入力するだけで簡単に利用することができます。

ふるさと納税

ふるさと納税とは、自分が税金を寄付する自治体(都道府県や市区町村)を選べる制度です。

実際の自己負担金は2000円のみで、返礼品としてその地域の特産品が受け取れることから、近年話題になっていますね。

楽天サービスの中には、楽天ふるさと納税といって、楽天市場で買い物をする感覚でふるさと納税が行えるサービスもあります。

そして、この楽天ふるさと納税では、楽天ポイントを使った寄付が可能です。

さらに、寄付金額に対して100円につき1ポイントが付与されるため、ポイントを使うと同時に貯めながらお得にふるさと納税を行うことができます。

楽天証券で投資

楽天証券口座を開設すれば、楽天ポイントを使って投資することもできます。

なんと、投資信託の買付代金の一部または全てに、通常ポイントを利用することが可能です。

現金を使わずに投資が始められるほか、一定の条件を満たすことで、楽天市場での買い物で受け取れるポイントがアップするなどのメリットも存在します。

新型コロナ対策バナー 乗り換えキャンペーンバナー他社からの乗り換えの方はタップして問い合わせる

まとめ

楽天ポイントは、楽天カードの引き落としや、楽天Edyのチャージなど、楽天サービスのさまざまな支払いにあてることができます。

そのほか、ふるさと納税や投資サービスへの利用など、他社ポイントではあまり見られないような幅広い使い道が魅力です。

こういった実質的な現金化もいいですが、もし楽天ポイントを現金そのものに変えたい場合は、楽天市場を利用しましょう。

楽天市場で販売されている商品券やギフト券をポイント支払いで購入し、金券ショップなどで換金すれば、現金を手に入れることが可能です。

ただし、楽天会員の最上位ランクであるダイヤモンド会員以外は、一回の支払いで使えるポイント数は3万ポイント=3万円までと定められています。

このためもし一度に3万円以上の現金化をしたい場合は、楽天カードを使ったクレジットカード現金化がおすすめです。

特に換金クレジットなら、3万円以上の利用で最低でも88%の換金率を保証!

今まで利用停止などのカード事故も0件ですので、他社よりも安全かつ高換金率な現金化が可能ですよ。