クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

2018.11.16

色々な現金化方法

ウェブマネーの現金化の方法

アイキャッチ

電子マネーを現金化するための方法が、いくつかあることはご存知でしょうか。
電子マネーは生活に欠かせない代物ではありますが、その中の1つであるウェブマネー(WebMoney)も、現金化の例外ではありません。
ここでは、ウェブマネーを現金化する方法を中心に詳細な情報をご紹介します。

ウェブマネー(WebMoney)とは?

ウェブマネーとは、オンラインでのみ使用できるプリペイド型の電子マネーです。
ウェブマネーを使用するには、コンビニやゲームショップなどで、シート型もしくはカード型のウェブマネーをまずは購入することから始まります。
オンラインで商品やサービスを購入する時に、シート型やカード型に記載された16桁のプリペイド番号を打ち込むことで、支払いをする形となります。
このような仕組みのため、交通系電子マネーのようなICカードの作成や所持は不要で、なおかつ個人情報の登録も不要です。
ウェブマネーの購入はクレジットカードではできず、現金や他の方法でのみ購入できます。
また1つあたりのプリペイド番号に載せられる最大金額は1万円(ポイント)で、1回の買い物で使い切れなくても、残高として次の買い物でも使用できます。

購入して転売

ウェブマネーを用いてオンラインで商品を購入し、それを転売してお金を手にするというのも、現金化の方法の1つです。
しかしながら、転売はそれなりに手間が掛かってしまう方法です。
事前にどういう商品に需要があるのかと、そもそもウェブマネーで購入できるかをリサーチする必要性があります。
結果的に高い換金率で転売できる事もあれば、業者の買取よりも低いケースもあるので、現金化のために手間を惜しまないという方にオススメの方法です。

ウェブマネーを現金化する方法

電子マネーの買取業者(サイト)へ

電子マネー

ウェブマネーを現金化するための1つ目の方法は、電子マネーを買い取ってくれる業者に頼むことです。
店舗型の業者に買い取ってもらうのは困難ですが、インターネット上には、ウェブマネーを含めた電子マネーを買い取ってくれる業者がいくつもあります。
換金率は70%〜80%で、この方法は手間が掛からず円滑に買取が進むことから、ウェブマネーを現金化するならオススメです。
現金化までの具体的な手順としては、インターネットで申し込みをした上で、プリペイド番号と口座情報を送る形となります。

オークションで売る

ウェブマネーをインターネット上のオークションで売るのも現金化の方法の1つで、実際に電子マネーがオークションで出品されているケースが多いです。
上手くいけば高い換金率で売る事もできますが、そもそも買い手が中々付きにくく、気長に待たなければならないデメリットがあります。
そのため、ウェブマネーの現金化の方法として、オークションはあまりオススメできません。

ウェブマネーウォレットも現金化できる

ウェブマネーウォレットとは、オンライン上で残高の確認やチャージができるツールです。
現在、新しくウェブマネーウォレットを作ることはできなくなりましたが、以前から持っている人であれば、現金化することができます。
方法としては、買取サイトにて買い取ってもらう事が挙げられ、ウェブマネーウォレットの買取相場は70〜80%となります。
現金化するためには、ウェブマネーウォレットのIDやパスワード、セキュアパスなどの情報も併せて業者へと送る必要があります。

あまりオススメできない

ウェブマネーを現金化する方法はいくつかありますが、それはあくまでもウェブマネーを持て余している方に向けた方法です。
現金をすぐに欲しいという方は、ウェブマネーを用いた現金化はあまりオススメできません。
ウェブマネーはクレジットカードで購入できませんし、特に換金率が高いという訳でもないからです。
そのため、クレジットカード現金化やAmazonギフト券など、他の方法で現金を手にした方が良いでしょう。

まとめ

ウェブマネーを現金化するには、買取サイトに頼む方法がオススメです。
ウェブマネーの使用用途は広いですが、使い道がないという方は、現金化を視野に入れてみてはいかがでしょうか。
また現金がすぐにでも欲しいという方は、ウェブマネーの現金化以外の方法を選択するようにしましょう。