クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2019.07.02

クレジットカード現金化のリスク

要注意!クレジットカード現金化の詐欺手法とは

アイキャッチ

とっさの金策としては、非常に便利な方法と言えるクレジットカードの現金化ですが、現金化にあたっては、悪徳業者による詐欺があるのも事実です。
実際にどんな詐欺手法が用いられているのかをご紹介します。

実際にあった詐欺手法まとめ

実際にあった詐欺手法まとめ

実際にあった詐欺の手法には下記のようなものがあります。

  • 事前の契約内容と入金金額が違う
  • 商品を購入したのに入金されない
  • クレジットカード情報を悪用された
  • キャンセル料を強引に請求する
  • 闇金や街金に誘導される(紹介屋詐欺)
  • クレジットカードの信用情報を変更できると持ちかけられる(保険金詐欺)
  • ショッピング枠増枠のために指定口座にお金を振り込めと言われる(振り込め詐欺)

現金化を行う上では、このようなケースに当てはまりそうな場合には、詐欺である可能性を考えて、いったん取引をストップしてください。

事前の契約内容と入金金額が違う

ホームページで高い換金率だと記載していても、実際に取引をしてみると換金率がその通りではなかった、という場合があります。
例えば、実際は10万円振り込まれるはずだったのに、実際に振り込まれたのは7万円。
換金率が異なることに気づいて業者に連絡すると「手数料分」と言われて取りつく島がなく、結局差額分は泣き寝入りするしかないというケースです。

商品を購入したのに入金されない

現金化を行う流れとしては、最初にショッピング枠で商品を購入し、その後代金のキャッシュバックや商品の買取りを行う流れになります。

しかし、利用者が商品を購入したにも関わらず、その後業者との連絡が途絶えてしまい、利用者は代金を騙し取られたまま、というのもよくあるケースです。
利用者は業者と直接顔を突き合わせて取引を行うわけではありません。そのため連絡が取れないようにすることも容易であるという面を利用した詐欺です。

クレジットカード情報を悪用された

クレジットカード情報を悪用された

現金化に慣れていない人が陥りがちなのが、業者に言われるがままカード情報を伝えてしまうこと。
本来、現金化においては商品購入の決済のみが必要であるため、その他のカード情報は一切業者に伝える必要はなし。
また、業者のサイトで商品を購入するというステップを踏む場合、決済を行った際にカード情報を抜き取られる危険性も否定できません。

この場合の対策としては、カード決済ページが暗号化されているかどうかを確認することです。
手っ取り早い方法としては、サイトのURLの頭が「http://〜」ではなく、「https://〜」となっているかどうか確認してください。

キャンセル料を強引に請求する

例えばホームページで掲載している換金率と実際の換金率が異なる場合、申し込みをキャンセルしたいと思うのが当然。
また、他のケースでも、なんらかの理由があってキャンセルしたいと思う場合もあるはずです。

しかし、キャンセルを申し出ると急に「キャンセル料を振り込め」と強引に要求されることがあります。
その際断ろうとすると、申し込みを行った際に入力した個人情報を盾に取られてしまい、泣く泣く支払ってしまうというケースもあります。個人情報は優良業者かどうかを確かめ、実際に利用する直前まで渡さないようにしましょう。

闇金や街金に誘導される(紹介屋詐欺)

業者の中には、闇金や街金と繋がりがあるところもあります。
「審査が甘い業者を紹介しますよ」のような甘い言葉で闇金や街金に誘導します。
このような業者は「紹介屋詐欺」と呼ばれています。
実際に紹介されて利用してしまうと、紹介手数料として高額を請求されてしまいます。

クレジットカードの信用情報を変更できると持ちかけられる(保険金詐欺)

現金化を考えている人の中には、信用情報がブラックになっている人もいるかもしれません。
そんな人に対して、銀行やクレジット会社と繋がりがあるように見せかけ、クレジットカードの信用情報を変更できる、と持ちかけられる場合があります。

ショッピング枠増枠のために指定口座にお金を振り込めと言われる(振り込め詐欺)

現金化においても振り込め詐欺の被害は存在します。

現金化の手続きを進め、無事にキャッシュバックがあり、取引が完了したと思ったあとでも気を抜いてはいけません。
その後業者からの案内により、お金を業者宛に振り込んでしまい、お金が戻ってこないというケースもあるからです。

例えば、「お金を振り込めばカードのショッピング枠が増えますよ」という誘い文句です。

きちんと取引が完了したのだから、ということで安心して振り込んでしまったもののショッピング枠は変わらず、お金も戻ってこないというケースです。

クレジットカード現金化は危険だから利用しない方がいい?

クレジットカード現金化は危険だから利用しない方がいい?

現金化には、さまざまな詐欺の危険性があることを説明しました。
このことから、「危険だから利用しないほうが良いのか」と考える人もいるかもしれませんね。
しかし、現金化はリスクを知った上で利用すれば、そこまで危険なものではありません。
ただ、何も知らない状態で利用することにリスクがあるだけなんです。

とっさの金策としては非常に優秀

クレジットカードの現金化は、急に現金が必要になった場合の金策としては優秀です。

ただし、あまりにも繰り返し行ったり、カード会社のチェックが入りやすい商品を続けて購入すると、先ほども紹介している通り、カード停止の危険性が上がります。
そのため、「どうしてもお金が必要な時の方法」として考えておくことがおすすめです。

優良業者が増え、悪徳業者は激減している

最近では、悪徳業者の数は減ってきている傾向です。
これは、上記に挙げたような詐欺事件などが明るみに出たことで悪徳業者を業界から追放する動きがあるからです。
詐欺行為を行っている業者は、多くの場合利用者からの苦情が出るため、業界から撤退せざるを得ない、ということもあります。
悪徳業者が減った分、優良業者が増え、詐欺に遭う危険性も減ってきていると言えます。

注意は怠らずに優良業者を利用しよう

ただ、優良業者が増えてきているからと言って安心は禁物。
どうしても現金化を行う必要がある際には、利用する前にしっかり業者について調べることが大切です。

すぐに現金が必要な場合は非常に焦って業者を選びがちですが、落ち着いて業者についての調査を行ってください。

まとめ

クレジットカード現金化における、実際にあった詐欺被害についてご説明してきました。
優良業者が増えてきているとは言え、万が一を考えて注意を怠らないことが必要です。