クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

2019.09.03

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化で個人情報が流失するの?

アイキャッチ

クレジットカード現金化は、すぐに現金を用意できる便利な方法ですが、クレジットカードを利用した場合に個人情報流失の危険性がないか心配になることもあるでしょう。この記事ではクレジットカード現金化を行う際、個人情報流失の被害に遭うとどんなことが起きるのか、被害に遭わないためにはどうしたら良いのか解説していきます。

クレジットカード現金化で個人情報が流失したら何が起こるのか

頭を抱える男性

万が一、クレジットカード現金化の利用によって個人情報が流出してしまった場合、どんなことが起こると考えられるのかを見ていきましょう。

クレジットカードの不正利用

現金化にはクレジットカードが必要ですから、個人情報が流出するということはカード情報も流出してしまう可能性が高いです。そのため、最も考えられるのがクレジットカードの不正利用。
クレジットカードの場合、「カード番号」「有効期限」「暗証番号」「セキュリティコード」がわかれば不正利用が可能になってしまうため、最悪の場合、カードの利用残高がなくなるまで不正利用が続けられる可能性があります。

闇金業者などからのDMや電話

また、個人情報が流出すると、住所や氏名、電話番号も流出してしまいます。悪質な業者は闇金業者とも繋がりがあることが多いため、闇金業者からのダイレクトメールや電話がかかってくる場合もあるでしょう。

特に現金化を行おうとしていたという履歴から、「早急に現金が必要な人物」と闇金業者に判断されてしまう可能性が高いですが、闇金業者を利用することは絶対に避けなければいけません。ダイレクトメールや電話では非常に良い条件でお金が借りられるとアピールしてくるかもしれませんが、断固として断るようにしてください。

闇金業者からの押し貸し

本人の意思に関わらず、無理やりお金を貸す「押し貸し」に遭う可能性も否定できません。
現金化を行う際には、現金を振り込んでもらうための口座情報が必要。この口座情報の流出によって、闇金業者から一方的にお金が振り込まれ、後日取り立てがくる、ということになります。この押し貸しの被害は年々増加傾向にあるため、口座情報の管理にも注意を払う必要があります。

クレジットカード現金化での個人情報流失を防ぐために

ストップする男性

ここまで紹介した被害に遭わないためにも、クレジットカード現金化の取引を行う場合には個人情報の取り扱いに注意を払いましょう。具体的にどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

会社情報が載っている業者を選ぶ

まず、ホームページなどに会社の所在地や電話番号などがきちんと記載されているかどうか確認してください。会社情報が記載されていない業者は、顧客や警察の目を逃れるためにわざと記載していない、という可能性があるためです。
会社情報がしっかりと確認できない業者を利用するのはトラブルの元。個人情報を悪用される可能性もゼロではありませんから、このような業者は利用しないようにしてください。

電話対応などが丁寧かどうか確認する

現金化業者の対応が丁寧かどうかも優良業者か悪徳業者かを判断する1つのポイント。
最も簡単なのが、直接業者に電話をかけて対応の良し悪しを確認する方法です。現金化を行う場合には、換金率など事前に確認しておいたほうが良い部分もあるため、このような点を確認するとともにスタッフの電話対応についてもチェックしてください。

違和感を感じる、対応が適当、態度が高圧的など怪しいと感じたら、トラブルに巻き込まれないためにもその業者とは取引は行わないようにするのが得策です。

セキュリティーコードなどを聞かれないか確認する

クレジットカードの現金化を行う場合に必要な情報は、本人確認書類とクレジットカード、そしてクレジットカードの名義となります。そのため、カードの裏面に記載されている「セキュリティコード」は必要ありません。このセキュリティコードを知られてしまうと、クレジットカードの不正利用に繋がる可能性があります。

以上のことから、本来であれば現金化には不要なセキュリティコードなど、必要以上の個人情報を聞き出そうとしてくる業者には要注意。情報の流出に繋がる可能性が高いため、怪しいと思った業者とは取引をしないようにしてください。

優良業者であれば個人情報が流失する心配はない

ポイントを指摘する女性

逆に、優良業者であれば厳密に個人情報を取り扱っているため、個人情報が流出する心配はありません。このような業者の場合、情報の漏洩を防ぐためにセキュリティ対策もきっちりと行っています。

例えば、ホームページの申し込みフォームを確認すれば、その会社がセキュリティ対策を行っているか判断可能です。見るべきポイントは申し込みフォームのURL。「https://〜」の形で始まるURLであれば、セキュリティ対策がしっかりと行われていると判断できます。
申し込みフォームに入力する前に、URLを確認する癖をつけておくことをおすすめします。

まとめ

本記事では、クレジットカード現金化における個人情報流失の危険性について解説してきました。クレジットカード現金化を行う場合、個人情報流失を防ぐためにはある程度自分自身でポイントをおさえて確認するなど自衛も必要ですが、最も大切なのは優良業者と取引を行うこと。会社情報が公表されているか、対応が丁寧かどうかといった点を確認しながら、トラブルに巻き込まれない取引を行ってください。