クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2019.12.26

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化を疑われた際の対応法について

アイキャッチ

まとまったお金をすぐに用意する方法として、非常に便利なクレジットカード現金化。

しかし、法律的な観点からはグレーゾーンであり、利用するのにはリスクがあります。
現金化は便利な資金調達方法ですが、バレてしまった時のことを考えると利用するのに勇気が必要ですよね。

そこで今回は、クレジットカード現金化を疑われた際の対応法について解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード現金化を疑われた際の対応法

困った顔で電話をする女性

クレジットカード現金化を疑われた際の対応法を詳しくみていきましょう。

カード会社からの電話は必ず出るようにする

まず最初に徹底してほしいのが、カード会社からの電話は必ず出るようにすることです。

急に連絡がくるのは怖いですが、電話は必ず出るようにしましょう。
都合が悪く出られなかったとしても、折り返すようにするのがベストです。

電話を折り返すことで誠実な対応をしている利用者だと思われ、心証を悪くして現金化を疑われるリスクが減ります。

なぜカード会社から電話がかかってくるのか

カード会社から電話がかかってくる理由としては、主に以下の2点が原因です。

  • クレジットカードの不正利用ではないか?
  • クレジットカード現金化を利用しているのではないか?

カード会社にとって、購入した商品の代金を回収できないのが一番の痛手です。
そのため、高額な商品を購入すると本当に本人の意思で購入したのか、現金化しているのではないかを確認しようとするのです。

質問されても現金化目的で利用したことは絶対に言わない

では、カード会社からの電話に出た後の対応方法を見ていきましょう。

電話に出た後よく聞かれるのは、「クレジットカードの利用目的は何ですか?」というような質問もしくは「カードの紛失または盗難をしていませんか?」という問いかけです。

このようなことを聞かれると、正直に言っていいものかどうか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし、下手に「利用していない」などと答えると、カード会社が次に考えるのは盗難・紛失による悪用の可能性です。

そうなるとクレジットカードの更なる悪用を防ぐため、一時的にカードが利用停止になってしまいます。

ここでの最善の対処方法は、「商品を購入した」と答えることです。
一先ずは「利用した」という意思表示をすることで、一時的にカードが止まってしまうこともありません。

なぜ購入したのかをきちんと明示する

「商品を購入した」と答えた上で、今度はなぜ商品を購入したのか、理由を明示する必要があります。

上手い具合に言い訳できなければ、それこそ怪しまれる一方です。

「友人のプレゼントのため」など、怪しまれない理由をきちんと伝えましょう。

購入した商品の詳細はきちんと覚えておくことも重要

購入した商品の詳細をきちんと覚えておくことも、カード会社から怪しまれないための重要なポイントです。

「どんな商品を買ったの?」と聞かれた時に何も答えられなければ、現金化目的と疑われてしまう可能性があります。

仮に友人のプレゼントのために購入したとして、商品の詳細を全く言えなければ、「友人のプレゼントなのに覚えてないの?」と疑われるのも無理はありません。

そのため商品を購入する際は後々聞かれることを想定して、詳細をしっかりと把握しておきましょう。

カード会社に疑われたら、次の現金化はしないようにする

もしカードが止められなくても、一度カード会社から利用確認の電話が来たら、次の現金化をするのは一旦やめましょう。

利用確認の電話がきた時点で、カード会社は現金化についても疑いを持っていると考えるべきです。

ただでさえカード会社は利用者の購入履歴を常にシステムで監視しています。
疑われたと思ったら、それ以上の現金化をするのは控えましょう。

カード会社に現金化を知られてしまったら?

悩む男性

次に、もしもカード会社に現金化を知られてしまったら、どんなことが起きるのか見ていきます。

カードが利用停止になり、強制的に退会される

カード会社に現金化していることがバレてしまうと、契約していたクレジットカードが利用停止になり、強制退会になってしまいます。

発覚するに至らない場合でも、疑いがある段階で利用停止の措置をとるカード会社も多いです。

疑いを持たれる理由としては、換金性の高い商品ばかり購入している、高額決済が続くといった不審な使い方をしている、といったことが挙げられます。

未払いの料金を一括請求される

現金化がバレてクレジットカードが利用停止になると、未払いの料金が一括請求される恐れがあります。

例えばクレジットカード現金化を利用して20万円の現金化を行ったとしましょう。

もしもこの状態でクレジットカードが利用停止になってしまい、未払い金の一括請求をされた場合、その翌月は20万円を一括で支払わなければなりません。

クレジットカード現金化での利用停止は、この「支払い金の一括請求」を指していることがほとんどです。

ブラックリスト入りしてしまう

クレジットカード現金化がバレて強制退会になってしまうと、その情報が信用情報機関に記録されてしまいます。
この状況をいわゆるブラックリスト入りと呼びます。

ブラックリスト入りしてしまうと、金融機関からお金を借りれなくなったり、住宅ローンが組めなくなってしまいます。

現金化をカード会社に疑われないようにするためには?

現金化をカード会社に疑われないようにするためには、現金化を疑われたとしても回避できる方法を考えてなくてはなりません。

クレジットカードで高額商品を購入すること自体は問題ないのですが、購入目的を聞かれた時に何も答えられないようでは現金化を疑われるのも無理はないです。

友人・恋人へのプレゼントなど、ありきたりな理由でも良いので、万が一聞かれた時の返答を事前に準備しておくことが大切です。

換金率の高い商品はなるべく買わないようにする

現金化をするにあたって換金率の高い商品は魅力的ですが、あまりにも多く買いすぎると当然カード会社から疑いの目を向けられます。

カード会社から現金化を疑われないようにするためには、換金率の高い商品はなるべく避けることが大切です。

キャッシング枠はできるだけ残すようにする

クレジットカード会社は、キャッシング枠を使い切った人に対して、ショッピング枠の現金化を行っていないか厳しくチェックする傾向があります。
キャッシング枠がなくなり、金策に困った末に現金化を行う利用者が多いからです。

そのため、あえてキャッシング枠を使い切らないようにすれば、現金化を疑われる可能性は少なくすることができます。

支払いの遅延は避ける

クレジットカード会社は、顧客の利用履歴や残高をもとに支払いを遅延している人がいないか日々チェックしています。

ですので、カード会社から疑いを持たれないよう、支払いの遅延は避けるようにしましょう。

支払い遅延を起こさずに毎月の口座引き落としを確実に行いつつ、計画的にクレジットカード現金化サービスを利用していけば、疑われる可能性もグッと少なくなります。

専門のクレカ現金化業者なら、安全に利用することができる

スーツ姿の男女

現金化はとても便利な資金調達方法ですが、万が一のリスクを考えると中々踏み出せない方もいるかもしれません。

そんな方は専門のクレジットカード現金化業者に依頼することをオススメします。

専門のクレジットカード現金化業者に依頼すれば、安全かつスムーズに現金化を行うことができます。

特に優良なクレジットカード現金化業者はキャッシュバック方式を採用していることが多いため、換金率の高い商品を買う必要はありません。

現金化を1人で行うのが不安な方は、優良なクレジットカード現金化業者に依頼すると良いでしょう。