クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2018.11.16

クレジットカード現金化のお役立ち情報

クレジットカードの現金還元について

アイキャッチ

年々、クレジットカードを使用する方の割合は増加の一途を辿っています。確かに、クレジットカードによる支払いは大変便利ですよね。
クレジットカードを使用していると、現金還元やポイント還元という言葉をよく目にするのではないでしょうか。
また、数多のクレジットカードの中からどれを選ぶかとなった時、現金還元やポイント還元は重要な判断材料になってきます。
ここでは特にクレジットカードの現金還元について、深く掘り下げていきます。

クレジットカードの還元の種類

ポイント還元

クレジットカードを使用していると、何らかの特典やサービスが付いてくるのが通常で、その中でも代表的なサービスが、ポイント還元と呼ばれるものです。
クレジットカードの利用額に応じた会社特有のポイントが還元されるこのサービスは、非常に多くの会社が実施しています。
そのため、ポイントの還元率の高さに着目して、どのクレジットカードを使用するかを検討している方は多いのではないでしょうか。
ですがポイントの還元率が高いと、相応に年会費などが高いという事も良くあるので、その点には留意する必要があります。

現金還元

クレジットカードの利用総額に応じて、ポイントではなく現金として還元されるサービスを、現金還元(キャッシュバック)と言います。
また貯まったポイントの使用用途の1つとして、ポイントを現金に変えることで結果的にキャッシュバックするという仕組みも、現金還元と言います。
どちらかというと、現金還元のみをクレジットカードのサービスとして提供している会社は基本的に少なく、ポイントと現金の還元を両方実施している会社が多いです。
また会社によっては、例えば一定以上の利用額やポイントなど、現金還元が実行されるための条件が設定されている場合とされていない場合があります。
現金還元と言ってもその形態は様々なので、次に現金還元の形態を1つ1つご紹介します。

現金還元の形態

銀行振込

ATM振込

会社によって細かい条件は異なりますが、クレジットカードの利用額に応じた金額を、現金として銀行に振り込まれる形態となります。
頻度は毎月もしくは年に1〜2回程度ですが、銀行振込のメリットとしては残高が当然ながら増えることと、還元した金額を自分の裁量で自由に使用できることです。
つまりは貯めるも使うも自分次第という事なのですが、現金として目に見える形で戻ってくるこの形態は、お得感が感じられます。

請求額からの割引

クレジットカードの利用額を請求された時、キャッシュバック分の金額を割引できるサービスも、現金還元の1つとなります。
例を挙げると、10,000円の請求額に対して5,000ポイント(1ポイント=1円)分を充てた場合、結果として実際の請求額が5,000円になるという仕組みになります。
現金が直接手元に還元されるという事ではありませんが、こちらも割引感が感じやすい形態になります。

電子マネーへの充当

クレジットカード利用により貯まったポイント分を電子マネーに充てる、現金還元の1つの形態です。
電子マネーは日常生活でよく利用されるツールのため、この形態もお得感を感じられやすい特徴があります。
しかしながら、電子マネーによっては使用用途や店舗が大きく限られてくるので、その点の留意は必要です。
もしも電子マネーの使用用途が見つからないという場合は、銀行振込か請求額からの割引という現金還元の形態を選択するようにしましょう。

クレジットカードの現金還元を増やす方法

それでは、ここからは、クレジットカードの現金還元を増やす方法についてご紹介していきます。

現金還元を増やす方法は大きく次の3つになります。

  • クレジットカードを一本化する
  • 光熱費等の固定費をクレジットカードで支払う
  • クレジットカードの利用頻度を上げる

クレジットカードを一本化する

まず、複数のクレジットカードを使用している人は、クレジットカードの一本化を検討しましょう。

クレジットカードはカード毎に様々な特典やサービスがあるため、どれも魅力的に見えます。
しかし、複数のカードを使用していると、当然ですが、還元されるポイントも分散されてしまいます。
そのため、現金還元機能をお得に活用したいなら、一つのカードに集約するのがオススメです。

どうしても複数利用したい場合でも、普段メインで使用するものと特定のサービスを利用する時のみに使うものに分けるのがオススメです。

光熱費等の固定費をクレジットカードで支払う

家賃や光熱費等の固定費をコンビニ払いや銀行振込で支払っている場合は、クレジットカード払いに変更出来ないかを検討してみましょう。
キャッシュレス化の影響で、光熱水費はほとんどの会社でクレジットカード払いが可能ですし、家賃の支払いもクレジットカードへの対応が進んでいます。不明な時は、管理会社等に確認してみると良いでしょう。

毎月、ある程度大きな金額を支払うことになる固定費を、クレジットカード払いにしておけば、特に意識をしなくても還元されるポイントが貯まっています。
ただし、最初の請求日が翌月になるため、クレジットカードの支払い日に銀行口座にお金がないという状況にならないように注意が必要です。

クレジットカードの利用頻度をあげる

当然と言えば当然ですが、カードを使う頻度を上げればポイントも貯まっていきます。

例えば、普段のスーパーの買い物やランチで行った飲食店など、意外とクレジットカードに対応しているお店は多いです。
今まで意識していなかった細かいところで、現金払いからクレジットカード払いに変更すると、それだけでも現金還元のポイントも貯まります。

クレジットカードの使用について明記されていなくても、店員さんに「カードで払えますか」と聞けば、対応してくれる場合があるので、どんどん聞いていくと良いでしょう。

>>クレジットカードのポイントの現金化について詳しくはこちら

オートキャッシュバック方式とは?

オートキャッシュバック方式とは、現金還元(銀行振込や請求額の割引)を自動でやってくれるサービスのことです。
毎度の手続きが面倒くさいという方は、もしも会社が実施している場合に限って、オートキャッシュバック方式を利用しましょう。

まとめ

クレジットカードの現金還元について、知っておいても損はない情報がいくつもあります。
ご紹介した情報を、クレジットカード使用の参考に是非していただきたいです。