クレジットカード現金化業者の比較ポイントを徹底解説 | 換金クレジット

クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

乗り換えキャンペーン実施中!!

前回ご利用のお店より必ず1%以上高い換金率をお約束します。

  • 即日換金!最短5分!!
  • 全国対応!全カードに対応!
  • 創業10年!カード事故0!
  • 大口利用も換金率優遇!!

老舗クレジットカード現金化
優良店だから安心!

今なら乗り換えの方は
換金率93%以上
ご利用いただいております!

公開日 2019.03.26 最終更新日 2021.07.19

クレジットカード現金化のお役立ち情報

クレジットカード現金化業者の比較ポイントを徹底解説

アイキャッチ

この記事の執筆者

安藤 博己 (運営者)

元大手金融会社勤務。 換金クレジット勤続10年目を迎え、これまでに債務管理の仕事を通して多くの現金化利用者と携わった経験を持つ。

クレジットカード現金化の成功、失敗を分けるのは99.9%が業者選びといっても過言ではありません。

そこで、自分にあったクレジットカード現金化ができる優良店を探すための、比較ポイントを解説!

現金化業者の真の姿を見極めるために必要な知識をあなたに伝授します。

クレジットカード現金化の比較ポイント

クレジットカード現金化業者には、大きく分けて以下の4つの要素があります。

  • 安全性
  • 換金率
  • 入金スピード
  • 接客の丁寧さ

もちろん、どの項目もNo.1の優良店レベルがあればそれに越したことはありませんが、残念ながらそんな業者は実在しません。

つまり、利用者がどのポイントを重視するかによって、選ぶ業者は変わってくるということですね。

まずは、この4つのポイントを比較する基準・方法について解説していきます。

新型コロナ対策バナー

安全性

クレジットカード現金化には主に、3つのリスクがあります。

詐欺被害に遭うリスク

1つ目は、悪質な業者に捕まって、詐欺被害に遭うリスクです。

不当な手数料で現金を巻き上げられたり、クレジットカード現金化のために入力・送信した個人情報が漏洩する恐れがあります。

こういった悪徳業者に騙されないためには、会社概要をチェックすることが大切です。

住所や電話番号などがきちんと掲載されているか確認しましょう。
できればGoogleマップなどの地図アプリで実在するかどうかまで確かめると安心です。

また、「業者名+口コミ」で検索をかけ、悪質な業者でないか実際の利用者の声を確かめることも有効でしょう。

利用停止リスク

現金化における2つ目のリスクは、カード会社にバレてクレジットカードが利用停止になることです。

クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約違反。
このため、現金化目的のカード決済がバレると、利用停止や強制解約など、今後クレジットカードが使えなくなってしまう恐れがあります。

カード会社にバレず安全に現金化を行いたいのなら、買取方式のネット業者を選ぶのがオススメ。

Amazonギフト券や教育系コンテンツなど、一見換金目的だと分かりづらい商品を購入するため、カード会社にバレにくいのが魅力です。

実際に、買取方式を採用している換金クレジットでも、今までお客様から、「カードが利用停止になった」というお声を頂いたことは一度もありません。

新型コロナ対策バナー

つい最近までは、カード会社にバレにくい現金化といえば、キャッシュバック方式のネット業者を利用するのが主流でした。

キャッシュバック方式とは、おもちゃの指輪やパワーストーンなど対象商品の購入し、その特典として、購入金額の一部を現金でキャッシュバックしてもらう仕組みです。

しかし、近年、その流行とともにキャッシュバック方式の業者は増加。

増えすぎた今となっては、 かえってカード会社に目をつけられやすい危険な方法となっていますので、あまりおすすめできません。

家族に現金化がバレるリスク

家族と同居している人は、なるべく秘密でクレジットカード現金化したいと考えている方も多いでしょう。

そのように、なるべく家族にバレないようにクレジットカード現金化サービスを利用したいという方にも、買取方式のネット業者がおすすめです。

なぜなら、キャッシュバック方式の現金化業者を利用すると、自宅に商品が届きます。

普段あまりネットショッピングをしないという人や、同居人に荷物を開けられてしまう可能性があるという人は、それが原因で家族に現金化がバレてしまうかもしれません。

「商品なんか要らないからお金だけちょうだいよ」と思うかもしれませんが、商品の受け取りは、商取引を成立させるために必須。

キャッシュバック方式の業者は、あくまでも商品購入の特典として、利用者に現金を振り込んでいるため、商品の受け渡しがないと、取引自体が違法となってしまう危険性があるんですね。

それに対して、換金クレジットのような買取方式のネット業者で扱っている商品は、 オンラインギフト券や情報商材など、オンライン上で送受信が可能なものばかり。

荷物が自宅に届くような事はないため、家族と同居している方でも、安心してサービスを利用できます。

換金率

クレジットカード現金化でコストを最重要視する方にとって、換金率は大切な比較ポイント!
クレジットカード現金化の手数料目安となる換金率の仕組みは、きちんと知っておかなければなりません。

最高換金率はあくまでも最大値

クレジットカード現金化業者の公式サイトをみると、真っ先に飛び込んでくる「最大換金率98.8%」などの数値は、最高換金率といいます。

最高換金率とは、利用金額◯◯円以上などの金額制限や、決済するカードブランドの種類など、一定の条件を満たした人に適用される最大値です。
一般の利用者に適用されることはまずないので、注意してくださいね。

3〜10万円前後の利用金額で適用される実際の換金率は、70〜80%前後が相場です。
換金率が80%以上に達すると、優良店のレベルだといえるでしょう。

新型コロナ対策バナー

実際の換金率を知るには見積もりを出してもらおう

実際の換金率を調べるには、ネット上で口コミを検索したり、業者に実際に見積もりを出してもらうのが有効です。

また、現金化業者の利用は、ショッピング枠現金化の希望金額が高額であればあるほど換金率も高くなっていきます。

このため1万円〜5万円の少額利用の場合は、なるべく利用金額で差の出ない「換金率一律◯◯%」など固定制の換金率を採用している店舗が有利となります。
逆に何十万という大口利用の場合は、「20万円以上の利用で換金率3%UP」など、高額利用に特化したキャンペーンを打ち出している業者を選ぶとよいでしょう。

入金スピード

クレジットカード現金化は、基本的に即日で現金が手に入るサービス。

ですが、もし一刻も早く現金を手に入れたいと考えているのであれば、入金スピードも大切な比較ポイントの1つとなります。

よくクレジットカード現金化業者の公式サイトでは「最短5分」「最短3分」などと宣言がありますが、これも最高換金率と同じで、あくまでも「最短」の数字です。
実際にこの入金スピードで現金を振り込んでもらえるのは、2回目以降利用のリピーターだけなので注意しましょう。

初回利用は本人確認に時間がかかる

クレジットカード現金化の初回利用では、クレジットカードの名義と身分証の名前の一致を確認する、本人確認が行われます。

そして、この本人確認には15〜30分程度の時間を要します。
つまり、クレジットカード現金化の初回利用には、優良店でも30分〜1時間前後の時間がかかるということですね。

実際の入金スピードは口コミが手がかり

入金スピードの早さを、クレジットカード現金化の公式サイトから見極めるのは残念ながら困難。

しかし、そんな時はネット上の口コミ評価・評判が参考になります。

クレジットカード現金化の口コミは、換金率や接客に関しては自作自演やサクラの書き込みも多いです。
が、時間に関する口コミは比較的実際の利用者の生の声が反映されている確率が高いため、貴重な判断材料となりえます。

新型コロナ対策バナー

接客の丁寧さ

クレジットカード現金化業者の初回利用では、本人確認のために電話でのやりとりが必須。
クレジットカード現金化が初めてという方や女性の方は、つい身構えたり、緊張してしまう方も多いのではないでしょうか。

そうでなくとも、どうせ同じ方法で現金を手に入れるのなら、なるべく気持ちよくサービスを利用したいものです。

そこでまた1つ、クレジットカード現金化の比較ポイントとなるのが、接客の丁寧さです。
クレジットカード現金化の仕組みや方法、換金率についての丁寧な説明は、トラブルを未然に防ぐ役割もあります。

女性向けの現金化業者なら初心者でも安心

クレジットカード現金化のオペレーターに親切・丁寧な対応を求めるなら、なるべく女性スタッフが多く在籍している店舗を選ぶのがオススメ。

レディースに特化した現金化業者は、女性でも気軽に利用できるようスタッフの教育や女性オペレーターの採用に力を入れているところが多いので安心です。

新型コロナ対策バナー

現金化業者を比較する際の注意点

現金化業者を比較する際の注意点

ここまで、現金化業者の比較ポイントについて項目別に解説してきました。

次に、全ての項目に共通する、現金化業者を比較する際の注意点について説明します。

公式サイトの文言をよく読む

クレジットカード現金化の公式サイトではより多くのお客様に利用してもらえるよう、見栄えのいい言葉や数字がたくさん使われています。

特に、換金率UPのキャンペーンや保証サービスなどには目が引かれがちですが、これらを適用させるためには大抵何らかの条件があるので注意しましょう。

平日のみ利用可能であったり、利用金額に制限があったりと、その条件は小さく併記されていることが多いので見逃さないようチェックしてくださいね。

嘘の口コミと本当の口コミを見分ける

クレジットカード現金化業者を比較するためには、実際の利用者の生の声が非常に参考になります。

2chなどのネット掲示板や比較サイトの口コミは、現金化業者の世間的な評価・評判を確かめるのに役に立つでしょう。

しかし、こういったネット上の口コミの中には、業者による自作自演やサクラの口コミも紛れ込んでいるので注意が必要です。

書き込みの具体性や文体から、捏造されたものなのか、本当に利用者の口コミ投稿なのか、ある程度見極められる知識をつけておきましょう。

>>クレジットカード現金化の口コミを見極める方法

現金化業者をより正確に比較する方法

現金化業者をより正確に比較する方法

それぞれの比較ポイントで絞っていくと、いくつか利用候補となる現金化業者が浮かび上がってきたのではないでしょうか。

そこで、利用候補の現金化業者をさらに厳選するために必要な、より正確な比較方法について紹介していきます。

複数のサイトで確認する

クレジットカード現金化に限らず、物事を調べる時はなるべく多くのデータを集めることが大切です。

情報源が1つにかたよると、もしその情報源が間違っていた場合、取り返しがつきません。
しかし、複数の情報源があればそれらを照らし合わせることで、情報の正誤を判断できます。

このため、クレジットカード現金化業者を比較する際も、なるべく多くの比較サイト・口コミサイトを確認しましょう。

特に、比較サイトは広告収入目的のアフィリエイターが多いので、なるべく色々なサイトで紹介されている優良店を選ぶのが安心です。

実際に電話をかけてみる

利用候補のクレジットカード現金化業者がある程度絞れたら、実際に電話をかけてみるのが一番です。

現金化初心者の方にとってはハードルが高く感じたり、面倒に思うかもしれませんが、百聞は一見に如かず。

クレジットカード現金化業者に電話して見積もりをもらえば、実際の接客態度や換金率が分かります。

できれば利用候補第1位の現金化業者だけでなく、2つ目、3つ目の候補など複数社から見積もりをとっておきましょう。

クレジットカード現金化業者の中では、「他社より1%でも高い換金率で取引します」と相見積もりを宣言している店舗があるからです。
そのような業者に他社の見積もりを見せれば、その換金率よりも好条件なクレジットカード現金化が期待できます。

新型コロナ対策バナー

まとめ

クレジットカード現金化業者の比較には、安全性・換金率・入金スピード・接客対応という4つの指標があります。

全ての項目においてNo.1という優良店は存在しないので、自分がクレジットカード現金化に何を求めているかをハッキリとさせることが大切。
公式サイトだけでなく、複数の比較サイトや口コミサイトを参考にしながら、自分にとってベストな現金化業者を探しましょう。

特にオススメなのは、換金クレジットのような買取方式のネット業者です。

一見、換金目的だとはわからない商品を購入するので、カード会社対策もばっちり。
オンライン上でやり取りできる商品を扱っているため、荷物を受取る手間も発生しません。

さらに、郵送にかかる送料や人件費などのコストを削減したぶん、高換金率での取引が可能となっています。

>>おすすめのクレジットカード現金化業者はコチラ