クレジットカード現金化の換金クレジット

2019.09.03

クレジットカード現金化のお役立ち情報

クレジットカード現金化と借金の違いとは?

アイキャッチ

クレジットカード現金化と借金の違いがよく分からなくて、どちらの方法を取るべきか分からない…という方は多いのではないでしょうか。
現金を調達するという意味では両者は共通していますが、現金を手に入れるまでの過程が大きく異なります。

ここでは、どちらを利用するべきか迷われている方が参考になるよう、クレジットカード現金化と借金の違いを詳しく解説していきます。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化を依頼する男性

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を用いて現金を手に入れられる方法のことを言います。
クレジットカード現金化をしたい場合には、自分で行う他に、現金化業者に依頼することもできます。

自分で行う場合には、クレジットカードで換金性の高い商品を購入して質屋や買取業者などに売却するという方法が、よく取られます。

業者に依頼する場合には、まずは電話などで申し込みをすることから始まります。
業者から依頼されたほぼ無価値に近い商品を通販サイトで購入し、その商品を買ったキャッシュバックとして、銀行口座に現金が振り込まれる流れになります。

この方法を取る場合、業者は数%分の手数料を回収します。
そのため、現金化できる金額は、「申し込み金額から手数料が差し引かれた金額」になります。

また、クレジットカード現金化は、最短即日で現金化を行うことが可能です。
そのため、どうしても今すぐお金が欲しいという場合に、スピーディーに受け取ることができます。

ショッピング枠があれば利用することが可能

クレジットカード現金化は、ショッピング枠がありさえすれば、誰でも利用可能です。
反対に、ショッピング枠に空きがなければ、何があっても利用はできません。

そして、クレジットカード現金化が可能な金額は、ショッピング枠の残高によって変わってくるということに注意しましょう。
ショッピング枠を用いて商品を購入する形になるので、ショッピング枠の残高が例えば20万だとしたら、現金化は20万円(実際に手にできる現金は「20万−手数料」)までしか行えません。

借金とは

借用書

借金とは、その名の通りお金を借りることです。
借金と聞くと、どこかマイナスなイメージをつい思い浮かべてしまうかもしれません。
ですが、広い意味で言うと、カードローンや消費者金融からの借り入れだけでなく、キャッシングや住宅ローンも借金に含まれます。

ただし、住宅ローンやキャッシングはポジティブな響きに聞こえますが、消費者金融からの借入やカードローンと聞くと、ネガティブなイメージがしますよね。

このように、一概に借金と言ってもそれぞれイメージが違いますので、その点には注意しましょう。

借金は総量規制の範囲内でしか出来ない

総量規制とは、年収などを基準として借入額(借金)が3分の1を超えた貸付ができないと言う仕組みです。
つまり、もしも年収が600万の場合、借入れられる最高額は200万円ということになります。

この規制は、貸金業者が過剰な貸付をしないようにするためのものです。
そのため、借金をしたい場合には、総量規制の範囲内でしか借り入れられません。

ですが、この規制は貸金業者を対象としたものなので、銀行や信用金庫などはこの規制の対象外となります。

クレジットカード現金化と借金の違い

悩む女性

クレジットカード現金化と借金の違いを以下にてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

信用情報で審査しているか

クレジットカード現金化と借金の違いの1つが、信用情報を元にしているかどうかです。
クレジットカードのショッピング枠の限度額自体は信用情報を元に設定されていますが、現金化をする際には、「現在のショッピング枠の残高」が重要です。
そのため、クレジットカード現金化では、信用情報はそこまで重要視されていません。

反対に、借金をする場合には年収などの信用情報を元に、金融機関や貸金業者はどれくらい融資や貸付をするべきなのかを決めています。
そのため、信用情報によってはそもそもとして「お金を借りられない」という場合もあります。

カード会社の利用規約に違反しているか

クレジットカードを用いたカードローンやキャッシングは、カード会社が提供している金融サービスになるので、使うだけでは特に利用規約に違反しているということにはなりません。

反対に、カード会社は現金化を目的としたクレジットカードの利用を利用規約で禁じています。
そのため、クレジットカード現金化を行ったことをカード会社に知られてしまえば、利用規約に違反したとして、何かしらのペナルティを受けることになります。

クレジットカード現金化が危険だと言われる理由

悩み込む女性

クレジットカード現金化が危険だと言われる理由は、主に2つです。

  • クレジットカードが強制解約になる可能性がある
  • 悪徳な業者に騙される可能性がある

それぞれの理由について、詳しく解説いたします。

クレジットカードが強制解約になる可能性がある

先ほどもご紹介したように、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反しています。
そのため、もしも現金化をしたことがカード会社にバレてしまうと、クレジットカードが強制解約(利用停止)になる可能性があります。

また、自身の信用情報に傷がつく恐れもあります。

クレジットカード現金化を行う際には、カード会社に知られないように、細心の注意を払う必要があります。

悪徳な業者に騙される可能性がある

現金化業者の中には、利用者を騙す悪徳業者が少なからず存在します。

そういった悪徳業者は、一刻も早くお金が欲しいという利用者の心理を逆手に取り、騙そうとするのです。

例えば、クレジットカードで支払ったにもかかわらず現金を受け取れなかったり、個人情報を盗んだり、換金率が以上に低かったりといったケースがあります。
こういった悪徳業者がいるために、クレジットカード現金化が危険と言われてしまうのです。

安全にクレジットカード現金化がしたいならどうすべきか

ポイントを指摘する女性

カード会社に知られないように、そして悪徳業者に知られないようにするには、どうすれば良いのか。
それは、優良業者に現金化を依頼することです。

優良業者を選んでクレジットカード現金化を行う

優良業者は、長年の実績に裏打ちされた、カード会社に知られないためのノウハウを持っています。
そういった業者は、クレジットカード現金化について記載されたサイトにて紹介されることが多いなど、周りからの評判が良いことがほとんどです。

そして、優良業者の時点でお金を騙し取られたといった恐れはほぼないと言っても過言ではありません。
なぜなら、もしも利用者を騙すことを頻繁にしていたら、そもそもとして優良業者として周りから認めてもらえないからです。

そのため、お金を調達するためにクレジットカード現金化を行いたいという場合には、口コミなどの周りの評判やホームページを見て、優良業者を見つけましょう。

まとめ

クレジットカード現金化は、カード会社に知られなければ信用情報に傷が付くことはありません。
また、借金のように信用情報を元に審査を経るわけではないので、最短即日で現金を手に入れることができます。

ただし、クレジットカード現金化にはリスクがあるので、きちんと優良業者に依頼する必要がありますので、その点には注意しましょう。