クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2020.01.27

クレジットカード現金化のお役立ち情報

クレジットカードの利息とは?金利との関係や計算方法を紹介

アイキャッチ

「今月こんなに使ってないはずなのに・・。」
クレジットカードの明細を見て、そう思ったことがある方も多いのではないでしょうか。
それは実は、利息が膨らんで支払いが増えているのかもしれません。

クレジットカードを利用する上で、利息を知らないのは危険です。
そのままなんとなくで利用を続けてしまうと、将来的に支払いが出来なくなってしまう可能性もあります。

そこで、この記事ではクレジットカードにおける利息と金利の関係や、利息の計算方法などを詳しく見ていくことにしましょう。

利息と金利の関係とは?

利息と金利

ここでまずは、一緒に説明されることの多い「利息」と「金利」について解説していきます。

金利とは「借りたお金を返すときに払う「利息」を決める割合」のことです。

そのため、利息は金利によって変わります。
例えば金利が15%の場合、借りたお金に対し15%の利息を支払う必要があるということです。

また、クレジットカードでのショッピングやキャッシングの際に出てくる金利は、基本的に1年間お金を借りた際に支払う利息の割合を示す「年率」とされています。

クレジットカードの金利が発生する主なケース

では、どのような場合に金利が発生するのでしょうか。
具体的なケースを見ていきましょう。

リボ払い

「リボ払い」とは、利用額に関わらず毎月一定金額を返済します。

そのため、利用残高が増えても月々の返済額は変わりませんが、返済時には利息を支払う必要があります。

リボ払いの場合、月々の返済額の決め方にはいくつか種類があります。
種類についてみていきましょう。

元利方式や元金方式の場合

「元利方式」とは、「元金に利息を加えた金額」を一定の金額で返済していく方法です。

この場合、月々の支払額は変動しません。
また「元金方式」は、毎月返済する一定の元金を決め、そこに利息を上乗せして支払いしていく方法になります。

定額方式や定率方式の場合

「定額方式」は、例えば「毎月1万円」など一定の金額を返済していく方法です。

また、「定率方式」は利用残高に対して一定の割合をかけて支払っていきます。
利用残高が変わると、比例して返済額も変化します。

分割払い

分割払いは、利用金額を2〜48回に分割し、月々の支払いを少なくする方法です。
利用金額と分割回数に応じた利息を支払います。

ただし、繰り返して分割払いを使ってしまうと1ヶ月あたりの支払い額が増え、その分利息も多く支払うことになりますので、使用するタイミングを考えることが大切です。

遅延損害金

遅延損害金は、毎月の返済日に指定の口座から利用額を引き落とせなかった場合に支払うものです。

返済日から返済完了日までの期間に発生する利息になるので、「遅延損害金」と呼ばれています。
この場合の金利は、クレジットカード会社により異なります。

キャッシング

クレジットカード会社からお金を借りるキャッシングを利用すると、返済の際には利息を支払う必要があります。

キャッシングの場合、金利の相場は年率15〜18%程度です。
設定されているキャッシングの利用枠によって適用される金利が変化します。

クレジットカードの利息の計算方法

利息の計算方法

続いてクレジットカードを利用した場合の利息の計算方法を、支払い方法別に見ていきましょう。

リボ払いの利息の計算方法

リボ払いにおける利息は「利用残高×金利×利用日数÷365日」で計算できます。

1ヶ月を30日とした場合、上記で算出した金額に30をかけたものが1ヶ月分の利息です。
リボ払いの金利は、多くのクレジットカード会社で15%となっています。

分割払いの利息の計算方法

分割払いにおける分割手数料は「利用残高×利用代金100円あたりの分割手数料の額÷100(円)」で計算が可能です。

「利用代金100円あたりの分割手数料の額」は、各カード会社のホームページなどで確認できます。

金利については、カードの種類や支払回数によって異なることが特徴です。

遅延損害金の利息の計算方法

損害遅延金は日割り計算となるため、一般的に「利用残高×遅延損害金の金利÷365」で計算されます。

遅延損害金の相場は、ショッピングの場合は年14%前後、キャッシングの場合は年20%程度です。返済が遅れれば遅れるほど、支払う金額も増えていきます。

キャッシングの利息の計算方法

キャッシングの利息は、一般的に「借入金×金利÷365×借入日数」で計算されます。

金利の相場は年15〜18%程度。
ただ、設定されている利用枠により金利が変わるため、「利用枠が大きい=低い金利が適用される」となるのが一般的です。

利息をなるべく少なくするポイント

クレジットカードを利用する上では、利息はできるだけ少なくしたいもの。
そこで、利息を少なくするにはどのような方法があるのかをまとめました。

締め日を意識して利用する

キャッシングの場合、利息はカードの締め日の翌日から発生します。
そのため、キャッシングの利用日がカードの締め日か、その1日後かという点で利息額を大きく変えることができます。

つまり、締め日を1日過ぎて利用すると支払日が1ヶ月遅れることになり、その遅れた1ヶ月分の利息も支払う必要が出てきます。

可能であれば締め日にキャッシングを利用することが、利息を少なくするポイントです。

リボ払いの際は毎月の返済額を常に確認する

リボ払いの場合、支払残高によって利息の額が決まるため、月々の支払額を大きくすれば利息も減らせます。

そのため、毎月の支払額を常に確認し、返済額を大きくできないかどうか検討しましょう。

可能な限り繰り上げ返済をする

返済日より前に利用金額を返済することを、繰り上げ返済と言います。

まとめて返済することで利用残高を減らしたり、支払期間を短縮したりできるため、利息額も少なくなります。

部分的な繰り上げ返済もできますが、できるだけ利息の額を減らしたいなら一括返済を検討しましょう。

まとめ

計画的なクレジットカード利用

クレジットカードと利息の関係についてご紹介してきました。
支払い方法によって利息が発生すること、そして利息の計算方法も異なることがご理解いただけたでしょうか。

クレジットカードを利用する上では、利息についてもしっかり理解した上で計画的に利用するようにしましょう。