クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2020.01.27

クレジットカード現金化のお役立ち情報

クレジットカードの作り方を徹底解説!

アイキャッチ

クレジットカードを作りたい気持ちはあるものの、「そもそも私はクレジットカード作れるの?」「必要な書類は?」等、様々な疑問があって躊躇している人もいるのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードは作ってしまえばとても便利なもの。
現代社会において、お得に且つ便利にお買い物をするためには欠かせないものです。

そこで、この記事ではクレジットカードの作り方について徹底的に解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてください。

クレジットカードの申し込み方法は4種類ある

クレジットカードを申し込む際には「オンライン申し込み」「郵送申し込み」「窓口で申し込み」「電話申し込み」の4つの方法があります。
ここでは、それぞれの方法について見ていきましょう。

オンライン申し込み

オンライン申し込みとは、パソコンやスマートフォンでカード会社のオンライン入会画面にアクセスし、必要情報を入力する方法です。

必要情報を入力すると、そのデータがカード会社に送られて審査が始まります。
24時間365日対応しているので、好きなタイミングで申し込みできる点と、カード会社によっては最短で即日発行可能な場合もある点が大きなメリットと言えるでしょう。

郵送申し込み

郵送申し込みは、取り寄せた入会申し込み書に必要事項を記入した上でカード会社に返送し、申し込みを行う方法です。

申込書の郵送に1〜3日程度必要なので、申し込み完了までに時間がかかるのがデメリットです。
そのため、オンラインで契約する環境がなく、窓口に足を運ぶ時間が確保できず、どうしても書類でやりとりしたい人以外には、メリットが感じられない方法と言えるかもしれません。

窓口で申し込み

店頭に足を運び、その場で入会申込書に必要事項を記入して手続きを行う方法です。

わからないことをスタッフに直接聞くことができるメリットはあるものの、店頭に足を運ばなければいけない、営業時間以外は対応できないといったデメリットもあります。

電話申し込み

カード会社によっては、電話での申し込みを受け付けているケースもあります。

ただし電話申し込みは、基本的にインターネットが利用できなかったり、近くに店舗がなかったりする人向けとなっているため、インターネットが利用できたり、窓口が近くにある人はそちらで申し込むようにしましょう。

クレジットカードの作成に必要なもの

書類とハンコ

クレジットカードを申し込む際に必要なものは、基本的には以下の3点です。

  • 本人確認書類
  • 利用代金の引き落とし口座
  • 銀行印

本人確認書は、運転免許証のほか健康保険証やマイナンバーカード、パスポート、住民票の写し、写真付きの住民基本台帳カード、外国人登録証(日本国籍以外の場合)などが該当しますが、健康保険証は顔写真の確認ができないため、追加で公共料金の領収書などの提示が必要になるケースもあります。

また、クレジットカードの利用代金を引き落とすための銀行口座と銀行印が必要ですが、中には銀行印不要で作成できるクレジットカードもあります(楽天カードなど)。

ただし、未成年がクレジットカードを申し込む際には原則として「保護者の同意書」が必要です。

クレジットカードを作成するまでの流れ

では続いては、クレジットカードを作る際にどのような流れで進むのかをご紹介します。

主な流れとしては以下になります。

  1. クレジットカードを選ぶ
  2. 必要書類を用意する
  3. クレジットカードを申し込む
  4. 審査が行われる
  5. クレジットカードを受け取る

それぞれを解説していきましょう。

クレジットカードを選ぶ

まず、どのクレジットカードを作成するか選びましょう。
クレジットカードを選ぶ際のポイントは、「年会費」「ポイントの還元率」「ポイントで得られる特典」「自分がカードを最も使う場所」そして「カードの特典」の5つです。

やはり年会費無料のクレジットカードが作りやすいため、初めてカードを作る人にはおすすめと言えるでしょう。

また、特定のお店でカードを多く使いそうな場合には、そのお店で発行しているカードを作るのも一つの手です。
ほかにも、クレジットカードごとに受けられる特典が異なりますので、どのカードがお得そうか考えながら選ぶと良いでしょう。

学生と社会人では選ぶべきクレジットカードが異なる

また、クレジットカードを選ぶポイントとして、自分が社会人なのか学生なのかといった点も重要です。

学生ももちろんクレジットカードを作れますが、学生向けのカードは一般向けのカードとは異なる特典が用意されているものも多くありますので、チェックしておきたいところです。

例えば「三井住友VISAデビュープラスカード」と呼ばれる学生向けカードの場合、「年1回の利用で年会費が無料、ポイント還元率2倍」となっていますし、楽天カードの学生向けカード「楽天カードアカデミー」の場合は、「楽天グループの一部サービスを利用した際にポイント3倍」といった特典があります。

学生でクレジットカードを作りたいと考えた場合には、どのような特典があるのかをチェックしながらクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

必要書類を用意する

どのクレジットカードを作るか決めたら、申し込みに必要な書類を用意しましょう。

書類が足りない場合は申し込みが完了しませんので、カード会社のホームページなどでどのような書類が必要か確認しておくと安心です。

クレジットカードを申し込む

オンライン、郵送、窓口、電話のいずれかでクレジットカードを申し込みます。

自分が都合の良い方法を選択しますが、なるべく早くクレジットカードが手元に欲しい場合はオンラインからの申し込みがおすすめです。

審査が行われる

申し込みが完了後に行われるのが、カード会社による審査です。

審査では、勤務形態や勤続年数、年収、年齢、居住年数、同居家族、他社での借り入れ状況などから、カード会社の発行基準に当てはまっているかどうか判断されます。

審査時間はカード会社によって異なりますが、大体2週間ほどかかります。
即日でのクレジットカード発行に対応している場合でも、仮カードになることもあるので、急ぎでクレジットカードを作りたい方は計画的に申し込みをしておくようにしましょう。

クレジットカードを受け取る

問題なく審査が完了すると、クレジットカードが発行されるので受け取りましょう。

窓口で受け取れるカードもありますが、基本的には郵送でカードが届きます。
この場合「本人限定受取郵便」などで発送され、受け取りの際には本人確認書や印鑑が必要となりますので用意しておきましょう。

まとめ

ポイントを示す男性

クレジットカードの作り方について詳しく解説してきました。
カードの選び方や作り方、どのような流れで進んでいくのかがわかっていただけたのではないでしょうか。

今、クレジットカードはさまざまなものがありますし、特典もそれぞれです。
自分にとってお得だと感じられるカードを選んでいきましょう。