クレジットカード現金化をネット型で行うならどうするべき? | 換金クレジット

クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

乗り換えキャンペーン実施中!!

前回ご利用のお店より必ず1%以上高い換金率をお約束します。

  • 即日換金!最短5分!!
  • 全国対応!全カードに対応!
  • 創業10年!カード事故0!
  • 大口利用も換金率優遇!!

老舗クレジットカード現金化
優良店だから安心!

今なら乗り換えの方は
換金率93%以上
ご利用いただいております!

公開日 2019.09.19 最終更新日 2021.07.19

クレジットカード現金化のお役立ち情報

クレジットカード現金化をネット型で行うならどうするべき?

アイキャッチ

この記事の執筆者

安藤 博己 (運営者)

元大手金融会社勤務。 換金クレジット勤続10年目を迎え、これまでに債務管理の仕事を通して多くの現金化利用者と携わった経験を持つ。

クレジットカード現金化を行う場合、業者選びが非常に大切なポイントになります。

現金化を取り扱っている業者には、インターネットを使用する「ネット型」と対面で取引を行う「店舗型」の2種類があります。

この記事では、ネット型の現金化業者を利用してクレジットカード現金化を行う場合に覚えておきたい、メリットや注意点についてご紹介します。

ネット型のクレジットカード現金化業者の特徴

パソコンのタイピングとカード

ネット型のクレジットカード現金化業者の特徴は、「インターネットや電話のみで現金化が完了する」という点です。

クレジットカード現金化業者の公式サイトにアクセスし、申し込みフォームを送信するか、電話で直接申し込みをするのみです。

あとはスタッフの指示にしたがって、指定されたショッピングサイトで、クレジットカードの決済を行うだけで、利用者の銀行口座に現金が振り込まれます。

新型コロナ対策バナー

店舗型の業者との違い

ネット型と店舗型の現金化業者の違いはさまざまなものがありますが、大きく分けて2点です。
それは、「換金率」と「営業時間」です。
一つずつ見ていきましょう。

換金率

まずは、「換金率の違い」が挙げられます。
ネット型は店舗の運営費があまりかからない一方、店舗型の場合は土地代や光熱費、人件費といった経費がかかる分、換金率が下がってしまう傾向があります。

営業時間

また、「営業時間」も違いとして挙げられます。
ネット型の場合は、インターネットのみで手続きが完了するため、基本的に24時間いつでも申し込み可能となっている場合が多いです。

それに対して、店舗型の場合は一般的に10時前後から19時前後までを営業時間としている業者が多いため、いつでも利用できるというわけではありません。
さらに、土日・祝日は定休日と定めている業者もあります。

そのため、深夜や早朝、休日などに現金化を申し込みたい場合には、ネット型の業者がおすすめです。
ただし、ネット型でも24時間可能なのは申し込みだけで、実際の現金化対応は24時間ではない業者も多いので注意が必要です。

ネット型のクレジットカード現金化業者のメリット

マルを作る女性

ネット型のクレジットカード現金業者を利用する上では、さまざまなメリットがあります。
ここでは、そのメリットについて詳しく見ていきましょう。

家から出なくても現金化が可能

ネット型の現金化業者は「全ての取引がインターネットで完了できる」のが大きなメリットです。

そのため、忙しくて家から出るのが難しい、暑くて外に出たくない、体調が悪いけれどもどうしても現金を用意しなくてはならない場合であっても利用可能です。
さらに、交通費も必要ないため、お金も時間もかからないのがポイントです。

最短即日での現金化が可能

さらに、現金を実際に手にするまでの時間が短いというメリットもあります。
クレジットカードの現金化を考えている方は、今すぐに現金を手に入れたい方も多いものです。

そんな方にぴったりなのが、「最短即日で現金化が可能」としている業者です。
少しでも早く現金が必要な場合には、ネット型の現金化業者がおすすめになります。

新型コロナ対策バナー

ネット型のクレジットカード現金化業者のデメリット

悩む女性

メリットがある反面、ネット型の現金化業者にもデメリットがあります。
メリットだけではなくデメリットについても頭に入れておきましょう。

悪徳業者に騙されてしまう可能性がある

ネット型の現金化サービスが世に出た当初は、ヤミ金と繋がりがあるような悪質な現金化業者が多数存在しました。
現在は優良業者が増え、悪質な業者は駆逐されつつありますが、完全に悪質業者がいなくなったわけではありません。

例えば、「ホームページに掲載されている換金率を重視して業者を選んだら、思った通りの金額が得られなかった」「キャンセルしようとしたら高額なキャンセル料を請求された」といったケースもあります。
さらに悪いケースでは、金銭を巻き上げられるだけでなく、個人情報をヤミ金に横流しされてしまう可能性も。
ヤミ金業者に個人情報が漏れてしまうと、執拗な営業や、押し貸しの被害に遭う恐れがあります。

このような悪質な業者に引っかからないためには、事前によく利用する業者を吟味して選ぶことが大切です。

新型コロナ対策バナー

顔が見えない分、取引に対しての不安感は残る

相手の顔が見えない状態でお金の取引を行うことに対し、不安を覚える人もいるでしょう。

ネット型の現金化業者の場合は、その性質上相手の顔が一切見えない状態でやりとりを行うことになります。
そのため、「現金化のやりとりは顔が見える相手と」と考えている場合には、ネット型の業者を選ぶのはおすすめ出来ません。

その一方で、対面取引である店舗型の業者には、また別のリスクがあることも忘れないようにしましょう。

確かに、その場で現金を受け取ってすぐに金額を確認できるのは、現金化ショップの大きなメリット。

しかし、たとえ納得のいかない換金率だったとしても、奥から怖いお兄さんが出てきて、有無を言わさず取引を成立させられてしまう可能性も十分にあります。

それでしたら、運悪く悪徳業者にあたってしまっても、電話を切るだけで済むネット業者の方が、ある意味安全だといえるでしょう。

まとめ

ネット型のクレジットカード現金化業者についてご紹介してきました。

ネット型の現金化業者にはメリットが多くありますが、良い面ばかりではなくデメリットも当然あります。
大切なのは、デメリットも頭に入れた上で、各形態の優良業者を探し、選択することです。

換金クレジットは、創業10年という、現金化業界の中でも長い歴史を持つ老舗業者。
仮に詐欺などの悪事を働いていたら、ここまで長く営業することはできませんから、この創業年数こそが、安全の証です。

さらに今なら、3万円以上のご利用で、最低でも88%の換金率を保証するキャンペーンも実施しておりますので、ぜひご検討ください。