クレジットカード現金化の換金クレジット

2019.09.03

クレジットカード現金化のお役立ち情報

クレジットカード現金化の換金率の相場とは?

アイキャッチ

クレジットカード現金化を行う場合、非常に重要なのが「換金率」。この換金率によって、実際に手にできる現金の額が大きく変化しますので、しっかりと確認しておきたいところです。しかし、初めて利用する人は特に、相場などについても実際はよくわからないことが多いはず。そこで、クレジットカード現金化を行う上での換金率について、相場から高換金率を狙う方法までご紹介します。

クレジットカード現金化の換金率を決める要素

ポイント

クレジットカードの現金化を行う場合、換金率を決める要素は「カードのブランド」「現金化する金額」「現金化までの期間」そして「キャンペーン」の4つ。それぞれの要素について、一つずつ詳しく見ていきましょう。

クレジットカードのブランド

どのブランドのクレジットカードを使用するかによっても換金率が変化します。一般的にどの業者でも換金率が安定していると言われているのがVISAまたはMASTAER。この2つのブランドであれば、安定した換金率である上に、スピーディーに振込みまで終了する業者が多いようです。

逆に換金率が低くなるのはAMEXやJCBなど、VISAやMASTAER以外のブランド。これらのブランドのカードを使用した場合に換金率が低くなるのは、カードの決済手数料が高いからです。結果として換金率が低くなってしまう傾向があります。

現金化する金額

クレジットカード現金化の換金率は、実は利用金額によって変動します。利用金額が高額なほど換金率も上がるという仕組みになっているため、例えば月に何回も現金化を行っているという人は損をしている可能性が高い、と言えるでしょう。

クレジットカード現金化までの期間

さらに、業者にもよりますが、現金化する際の取引期間も換金率に関わる要素です。クレジットカード現金化は即日入金してもらえるサービスですが、入金まで数日間猶予を持つことで、換金率を上げられるプランがあることがあります。
もし、現金が必要なタイミングまでに数日程度余裕がある場合には、こうしたプランを用意している現金化業者を探してみると良いでしょう。

キャンペーン

時には、換金率がアップするキャンペーンを行っている業者もあります。期間限定のキャンペーンもありますので、自分が現金化を行いたい時期にキャンペーンを行っている業者がいないか確認してみるようにしてください。
ただし、キャンペーンを利用する際にはさまざまな条件がある場合が多いため、現金化を行う際にはキャンペーンが適用されるかどうかを問い合わせしてみると確実です。

クレジットカード現金化の換金率の相場がわかりづらい理由

分からない仕草をする男性

このように、換金率が決まる要素自体は決まっているのですが、実際に現金化を行う場合、換金率がわかりにくいという声がよく聞かれます。換金率をわかりにくくしている原因は一体どこにあるのかをご説明します。

HPに記載されているのは最大値

まず、クレジットカード現金化業者のホームページに記載されている換金率は「最大値」となっていることが、実際の換金率がわかりにくくしている原因の一つです。
そのため「換金率○%!」と書いてあると、いかにもこの換金率で現金化できそうなイメージを持ってしまいますが、必ずしもそうとは限りません。むしろ、この最大値で取引ができるケースはほとんどないと考えておいた方が良いでしょう。

換金率に手数料が含まれる場合がある

さらに、ホームページで確認できる換金率から、手数料が引かれる場合があります。そのため、現金化を行う場合には「換金率=手に入る金額ではない」場合が多い点に注意しなければいけません。
高い換金率を提示している業者だからといって急いで取引をせず、きちんと最終的に入金してもらえる金額を提示してもらってから契約をするようにしましょう。

クレジットカード現金化で高換金率を狙うなら

教える女性

現金化を考えている人であれば、少しでも高い換金率で取引をしたいと考えるのは当然のこと。そこで、高換金率を狙うためにはどのような方法があるのかをご紹介します。

最初に換金率を確認する

まずは「はじめに換金率をしっかりと確認しておく」こと。これはホームページや広告に記載されている換金率を確認するのではなく、業者に直接電話をかけるなどして問い合わせを行ってください。ここで知ることができた実際の換金率と相場を比較し、どの現金化業者と取引を行うか判断してください。

また、ここで忘れてはいけないのが「手数料」。どの程度引かれるのか、そして実際に入金額はいくらになるのかもこの時点で確認してしまいましょう。
このようにしっかりと確認することで、実際の換金率が低い業者と取引をせずに済みます。

他社でも見積もりを取って交渉してみる

また、複数の業者で見積もりを取ってみるも高い換金率を狙える一つの方法です。初めから一つの業者に絞って取引をすることは非常に危険ですから、いくつかの業者の換金率を比較してください。

「この業者は対応が良さそうだけれど、換金率は低めだな」、という場合には他の業者でとった見積もりを材料に、換金率の交渉をしてみることで、少しでも有利な条件で取引できる可能性があります。

まとめ

本記事では、クレジットカード現金化で重要な換金率について説明してきました。この記事を読むことで、現金化の換金率の相場がどれくらいなのか理解いただけたのではないでしょうか。
クレジットカード現金化を行う場合、大切なのは良い業者を見つけること。気になる業者の換金率を相場と見比べてみるなど、少しでも良い条件で取引ができるようにしっかりと確認してください。