クレジットカード現金化の換金クレジット

2018.12.27

クレジットカード現金化のお役立ち情報

現金が欲しい時にとれる手段とは?安全にお金を調達する方法

アイキャッチ

現金が欲しい・・・。
そう思ったことがない方はいないのではないでしょうか。

大人になると、身の回りのものは全て自分のお金で揃えなくてはならない場合が殆ど。
それに加えて、会社の飲み会、家族とのレジャー費用など、自分のこと以外にも沢山のお金が必要になりますよね。

しかし、突然の病気や怪我、失業などで現金が足りなくなってしまうこともあります。

そんな時に困らないように、現金を安全に調達出来る方法を知っておくことは大切なことです。
この記事では、「現金が欲しい」と思った時にすぐに使える方法を状況別に解説していきます。
参考にしてみてください。

状況別!現金が欲しい時に取れる手段

早速、状況を分けて現金が欲しい時に取れる手段について解説していきましょう。

今すぐに現金が欲しい場合

まず紹介するのは、今すぐに現金が欲しい時にとれる手段です。
主に以下の5つです。

  • 消費者金融や、銀行で借入する
  • クレジットカードのキャッシング機能を使う
  • 家にあるものを売る
  • クレジットカード現金化を利用する
  • 家族や友人にお金を借りる

一つずつ手段を見ていきましょう。

消費者金融で借入する

消費者金融で借入する

まず取れる手段として考えられるのは、消費者金融で借入することです。
以前までは銀行でも即日でお金を借りることが出来ていましたが、現在は不可能になってしまったので、今すぐにお金を手にいれる手段としては除外しました。

消費者金融であれば、夜間であっても無人契約機でお金を借りることが可能です。
仕事終わりにお金を借りることが出来るのは助かりますね。

ただ注意して欲しいのは、借入審査の際に職場への在籍確認はされるということです。
夜間に申し込みをした場合、職場の営業時間が終わっていると在籍確認が取れませんので、当日中での借入が難しくなることがあります。
夜間に借入をする際は、先に消費者金融のスタッフに聞いておきましょう。

クレジットカードのキャッシング機能を使う

次に紹介するのは、クレジットカードのキャッシング機能を使うことです。
クレジットカードにキャッシング機能を付けていれば、コンビニのATMなどでカードを差し込んですぐに借入することが出来ます。

ただし、クレジットカードのキャッシング機能はカード発行時に付けていないとすぐに使うことは出来ません。
自分でキャッシング機能を外して申し込みしない限り基本的には付いていますが、発行時に未成年であった場合には付いていません。
キャッシング機能が付いていなかった場合には、改めて審査を受けて機能を付けてもらう必要があります。

クレジットカードにキャッシング機能が付いているかどうかは、カード会社のサイトで契約情報を見て確認することが出来ます。
これまで使ったことがない方は、まずはキャッシング機能が付いているかどうか確認してから使いましょう。

家にあるものを売る

家にあるものを売るのも、すぐにお金を手にいれる為にとれる手段です。
特に、ブランド品や使っていない商品券などがあれば、高値での買取が期待出来ます。

なるべく高く売るコツは、複数の買取ショップに査定してもらうことです。
金券なら金券に特化したショップ、ブランド品ならブランド品に特化したショップで売るのがおすすめです。

また、絶対に買取ショップを利用しなくてはならない訳ではありません。
近くに高値で買い取ってくれそうなお店がなかったりする場合は、オークションやフリマアプリなどで自分で値段を設定して売ることも検討してみましょう。
自分で値段を付けられる分、買取ショップの査定額よりも高い値段で売れる可能性があります。

しかし注意して欲しいのは、オークションなどで商品を売却する場合、すぐに売れるとは限らないということです。
更に、落札者や購入者がすぐにお金を振り込んでくれるとは限りません。
本当に今すぐにお金が欲しいのであれば、買取ショップに持っていくようにしましょう。

クレジットカード現金化を利用する

クレジットカード現金化を利用する

すぐにお金を手にいれる方法としては、クレジットカード現金化も使えます。
自分でクレジットカード現金化をする方法と、業者を使って現金化をする方法とがあります。

自分で現金化をする場合、クレジットカードで商品を購入し、その商品を買取ショップに売却するだけで換金は終了します。
ただし、カード会社は換金目的でのカード利用を禁止しており、もしバレてしまえば、最悪の場合強制解約処分になります。
換金率の高い商品を複数買う行為はカード会社に現金化を疑われやすくなる行為なので、リスクは伴います。

一方、業者を使って現金化する場合には、カード会社にバレないように手続きをしてくれます。
特にネット型の業者は、実際には換金率の低い商品を使って換金してくれたりするので安全です。

クレジットカード現金化をする場合には、リスクを考え、なるべくネット型の業者を利用するようにしましょう。

家族や友人にお金を借りる

出来ればするべきではありませんが、家族や友人にお金を借りる方法もあります。
特に、友人に頼むのは本当に最後の手段にしましょう。
金の切れ目は縁の切れ間、と言うように、お金の貸し借りは友人との仲を壊しかねません。

どんなに信頼している友人であっても、「お金を貸して欲しい」と言われたらやはり良い気はしませんよね。
相手も同じなので、やはりなるべくなら頼るべきではありません。

家族に頼んでもどうしてもダメな場合のみ、友人に頼むようにしましょう。

今すぐではないが現金が欲しい場合

さて、続いては今すぐではないが現金が欲しい、という状況の時にとれる手段について解説していきます。
とれる手段は主に以下の3つです。

  • 日雇いで稼ぐ
  • クラウドソーシングで稼ぐ
  • ポイントサイトで稼ぐ

一つずつ、手段を確認していきましょう。

日雇いで稼ぐ

1日働ける時間がある場合には、日雇いで稼ぐのがオススメです。
登録制のサイトに申し込みすれば、自分の居住地の近くで働ける日雇い案件を紹介してもらうことが出来ます。

日雇いの案件内容は、引越しから物品販売、簡単な事務作業から様々。
1日で1万円以上稼げるものもあります。

拘束時間はがっつり8時間あるものから3時間程度で終わるものまで、案件によって異なります。
自分が出来そうな日雇いがないか、まずは登録制のサイトに申し込みをしてみましょう。

クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシングとは、ネットを利用して仕事を引き受けることで、お金を稼ぐ方法のことです。
コピーライティングや、アイディアの募集、イラストに至るまで様々な仕事があるので、自分が出来るものを選んで引き受けましょう。

1つの案件の単価は安ければ100円程度になりますが、専門知識が必要な案件などであれば5000円を超えるものもあります。
自分の得意分野の案件がないか、確認してみましょう。

ポイントサイトで稼ぐ

ポイントサイトとは、サイト内で簡単なゲームをしたり、動画を再生したりすることで、ポイントを貯められるサイトのことです。
貯めたポイントは、電子マネーや現金に換えることが出来ます。

ただし、ポイントサイトで貯められるポイントはそこまで多くはありません。
簡単なゲームをするのにもやはり時間はかかりますし、1件あたりの単価は大体100円程度なので、時給換算すると決して高いとは言えないでしょう。

あくまでお小遣い稼ぎとして現金が欲しい場合に利用するのがおすすめです。

今すぐ現金が欲しくてもしてはいけないこと

状況別に、現金が欲しい時にとれる手段について解説してきました。ここからは、どんなに今すぐにお金が必要でも絶対にとってはいけないことについて解説していきましょう。
それは主に以下の3点です。

  • 闇金を利用する
  • 怪しい求人に応募する
  • 悪徳なクレジットカード現金化業者を利用する

それぞれ詳しくみていきます。

闇金を利用する

闇金を利用する

一番してはいけないのは、闇金を利用することです。
一度でも闇金を利用してしまうと、借金が倍以上に膨れ上がったり、脅迫されたり、執拗な嫌がらせ行為を受けるようになってしまいます。

しかし、闇金って一体どのような業者?間違って利用してしまったりする場合もあるのでは?と不安に感じる方もいますよね。
実は、闇金はわかりやすいです。

基本的には、電柱などに貼り付けてある「即日融資します!ブラックOK!」というような看板に書かれている番号に電話をかけなければ良いだけです。
このような闇金の手法を「090金融」と呼びます。100%闇金なので、絶対に電話をかけてはいけません。

お金を借りるのは、大手の消費者金融か銀行からだけにしましょう。
名前の知られていないような金融業者からお金を借りようとすると、それだけ闇金に引っかかってしまうリスクが上がります。

怪しい求人に応募する

怪しい求人に応募するのも、危険な行為です。
どんなに今すぐにお金が欲しくても、少しでも「怪しいな」と感じる求人には応募しないようにしましょう。

例えば、「今日中に10万円稼げる仕事」という求人があった場合。
女性限定という表記があったなら、犯罪に巻き込まれてしまう可能性が否定できません。
また、男性であってもあまりに高額な給与が提示されている場合、「振込詐欺の受け子」をやらされる可能性などもあり、やはり犯罪に巻き込まれる可能性があります。

基本的に、各地域の最低時給の2倍以上の給与を提示される場合、専門知識が必要になることが殆どです。
なんの経験もない素人がいきなり任される仕事で稼げるのは怪しいので、警戒しておきましょう。

悪徳なクレジットカード現金化業者を利用する

すぐにお金を手にいれる為に使えるクレジットカードの現金化ですが、悪徳業者を使うと一気に危険になります。
悪徳業者を利用してしまうと、異常に低い換金率でしか現金化が出来なかったり、最悪の場合全くお金を振り込んでくれない場合もあるからです。

悪徳業者の特徴は、「スタッフの対応が乱暴」であったり「業者サイトの作りが雑」であったりなどです。
酷い場合には、会社の所在地が載っていなかったりします。
少しでも怪しいと思う特徴がある場合にはすぐに申し込みをしたりせず、口コミサイトなどで評判を見てから利用するようにしましょう。

安全に現金を手にいれる為のポイント

では、安全に現金を手にいれる為には、どのようにすれば良いのでしょうか。
ポイントとしておさえておきたいのは、以下の2点です。

  • 冷静な判断を失わない
  • 出来れば第三者に相談する

一つずつ解説に移っていきます。

冷静な判断を失わない

今すぐに現金が欲しいという状況の場合、焦っていることが殆どですよね。
しかしそんな時こそ、冷静な判断を失ってはいけません。

騙そうとしてくる業者は、焦って冷静な判断を失っている人をターゲットにしています。
焦れば焦るだけ、悪徳業者の思う壺になってしまうんです。

安全に現金を手に入れたいなら、まずは冷静になることから始めましょう。

出来れば第三者に相談する

出来れば第三者に相談する

現金が欲しい時、なるべく第三者には知られたくないという方も多いですよね。
しかし、本当に困っている状況なら、やはり自分だけで解決するのが難しい場合もあります。
出来れば、第三者に相談するようにしましょう。

第三者に相談すれば、現金を手にいれる方法だけではなく、どうすればお金がない状況を打開できるのかというアドバイスをもらえる可能性もあります。
また、闇金や悪徳な現金化業者を利用する前に「そこはおかしいよ」と指摘してくれるかもしれませんよね。

頼れる第三者がいる場合には、お金がない現状を相談することも視野にいれておくのが得策です。

まとめ

いかがでしたか。
ここでは、現金が欲しいと思った時にとれる手段について状況別に解説してきました。
自分が選ぶべき手段を見つけることが出来たでしょうか。

お金が欲しいと考えるのは、決して珍しいことではありません。
生活していれば、誰もが直面する気持ちです。

ただ、冷静な判断をなくした状態で「現金が欲しい」と思ってしまうと、リスクが伴います。
犯罪に巻き込まれてしまったり、逆に大金を失ってしまったりする場合があるからです。

どんなに今すぐに現金が欲しくても、まずは冷静になって対応するようにしてくださいね。