クレジットカードのショッピング枠の現金化なら換金クレジット

クレジットカード現金化の換金クレジット

全国対応すべての
クレジット
カードに対応
即日振込

クレジットカード
ショッピング枠現金化
どこよりも迅速御入金致します。

換金率
最大

98
換金率No.1

他店よりも1%でも高く現金化することをお約束します!

大口利用の方優遇させていただきます!

個人のお客様
3%UP

個人事業主様
3%UP

   法人様   
5%UP

2018.11.16

色々な現金化方法

iTunesカードの現金化について

アイキャッチ

Amazonギフト券やあらゆるチケットなどが現金化できる現在、実はiTunesカードも現金化できるとして注目されています。
試しにiTunesカードを買ってみたけど使い所がない、友人からもらったけど元々使わないなど、様々な理由でカードを持て余している方がいるのではないでしょうか。
ここではiTunesカードを現金化する方法について、詳しく解説します。

iTunesカードとは?

そもそもiTunesカードとは、iTunes StoreやApp Store、iBooksやApple Musicなど、Appleのオンラインストアで使用できるプリペイドカードです。
またアプリ内課金やLINEスタンプの購入もできるため、人によっては非常に価値があるカードとなります。
しかしながら、使い所のない人にとってはiTunesカードを持っていたとしても、ただただ持て余してしまう代物です。
そんな時には、iTunesカードを現金化するのがとてもオススメです。

iTunesカードの換金の方法

オークションで売却

オークション

オークションでiTunesカードを売却することは、現金化するための1つの方法です。
自分で出品額を設定できるため、一見魅力的に映りますが、そもそもオークションでiTunesカードを買い取ってもらえる見込みは低いです。

オークションでなくても、安めで購入できるサイトはいくつかありますし、何よりオークションへ出品するだけで手数料や会員費が掛かってしまう事もあります。
そのため高い換金率でiTunesカードをオークションで売却する場合は、価格を高めに設定して、なおかつ誰かが手を挙げてくれるまで気長に待つ必要があります。

金券ショップなどの店舗型の買い取り業者にiTunesカードを買ってもらうのも、現金化するための1つの方法です。
ですが、そもそもとしてiTunesカードを買い取ってもらえる店舗型の買い取り業者は非常に少ないです。
そのため、この方法は残念ながらあまり現実的とは言えません。

オークションで売却するメリット

オークションでiTunesカードを売却するメリットは、高い換金率が期待できるという点です。
オークションは最も高い入札額をもらえるという仕組みとなっており、上手くいけば通常よりも高い金額を手にすることができます。 場合によっては元の価格よりも高く売れることもあるため、より多くの利益を望む人はオークションでの売却を検討してみると良いでしょう。

オークションで売却するデメリット

オークションでiTunesカードを売却するデメリットは、売れ残っても手数料が発生してしまう点です。
オークションで商品が売れ残った場合、再出品を依頼するのに手数料を再度払う必要があるほか、次のオークションまでの車両の管理や運搬を依頼する費用も発生します。
仮に出品を諦めたとしても、業者によってはキャンセル料を請求されてしまいます。
そのためオークションで売却する場合は、サイトの利用規約を予めしっかり読んでおきましょう。

買取サイト(現金化業者)へ売却

オークションや店舗型の買い取り業者を経てiTunesカードを現金化する方法は、あまり現実的ではありません。
しかし、そこで登場したのがiTunesカードを買い取ってくれる買い取りサイトです。
買い取りサイトが登場した背景には、iTunesカードそのものではなく、そこに記載されたPINコードに価値があるからです。
PINコードをアカウントに登録することでその分の金額を使用できるので、買い取りサイトに限らずiTunesカードを買い取ってもらうためには、登録をしていないことが絶対条件です。
ちなみに、iTunesカードの買い取り相場は70%前後となります。

買取サイト(現金化業者)へ売却するメリット

即日現金化

その手続きをきちんと行えばiTunesカードの即日現金化が可能で、最短30分で口座に振り込まれるメリットがあります。
新規でiTunesカードを現金化する場合は、少しばかり時間が掛かることもありますが、買い取りサイトによっては振込手数料が無料なケースもよくあります。

いつでもどこでも申し込みが可能

インターネットでiTunesカードの現金化を申し込む関係上、パソコンやスマホさえあれば、いつでもどこでも申し込みができるメリットがあります。
買い取ってもらえる店舗が非常に少ない金券ショップまで足を運ぶ必要はありませんし、買い取ってもらうまで気長に待つ必要もありません。

買取サイト(現金化業者)へ売却するデメリット

インターネットの買い取りサイトを利用する場合は、まず最初にオンライン上で申し込みの手続きを行います。
手続き自体は難しくありませんが、顔写真付きでの身分証明書をメールなどで送信する必要があります。
手続きそのものは家でできて楽でも、身分証明証を添付ファイルで送るのに抵抗がある人も中にはいるでしょう。
また、買い取りサイトはまだそこまでメジャーではないので、買い取り価格が口座に振り込まれるまで中々安心ができないというのもデメリットの1つです。

売買サイトで売却

売買サイトでiTunesカードを出品して売却する事も、現金化の方法の1つです。
売買サイトによってはiTunesカードだけでなく、Amazonギフト券やLINEプリペイドなどのカードも出品できます。
オークションと同じように諸々の手続きは自分でしなければなりませんが、場合によっては換金率が90%を超えて売れる見込みがあります。

しかしながら、これまたオークションと同じように誰かが手を挙げてくれるまで待つ必要がありますし、高値で売れる時期を見極めなければなりません。
ですので即日現金化をしたい方は、買い取りサイトでiTunesカードを買い取ってもらった方がオススメです。

売買サイトで売却するメリット

売買サイトのメリットは換金率の高さにあります。
換金率が高くユーザーからのニーズもある商品ほど、高い金額で売れやすいです。
場合によっては換金率90%を超えて売れることもあるので、より多くの利益を望んでいる人は売買サイトでの売却を検討してみると良いでしょう。

売買サイトで売却するデメリット

売買サイトでは自分の出品した商品が必ずしも売れるとは限りません。
その理由として、iTunesカードをわざわざ高い価格で購入する必要がないからです。
自然に考えて、売買サイトでは安い価格の商品から売れていくので、価格設定を高くし過ぎると売れ残ってしまう可能性があります。 また、さまざまな手数料が発生してしまうのも売買サイトのデメリットの1つです。
手数料の大きさによっては十分な利益を得られないこともあるので、あらかじめ利用規約をよく読んでおくことが大切です。

iTunesカードの換金よりも高額な現金を手に入れたい時

iTunesカードの換金は手軽で便利ですが、まとまった金額を用意したい時には向いていません。
そんな時には、クレジットカード現金化がおすすめです。

クレジットカードの現金化を行う

クレジットカード現金化とは、余っているショッピング枠を利用して現金を入手する方法です。
上限金額はショッピング枠の残りによるので、iTunesカードの換金よりも大きな金額にも対応可能です。

自分で現金化を行う方法

自分で現金化を行う方法として、ブランド品(洋服やバッグ)、ゲーム機、金券・ギフト券、新幹線の回数券などの換金率の高い商品を転売する方法が挙げられます。
商品の換金率が高いほど、より高い金額で売れやすくなります。

業者を使って現金化する方法

業者に現金化を依頼する方法は、ネット上で依頼する方法と、店舗に直接足を運んで依頼する方法の2種類です。

無店舗の現金化業者の場合はネット上で手続きすることになります。
インターネットさえ通じていれば、場所問わずどこからでも手続きを進められるので非常に便利です。

店舗がある現金化業者の場合は、実際に店舗に足を運んで手続きすることになります。
店舗で現金化することによって、「入金されない」、「入金額が事前の相談と違う」というようなリスクを避けることができます。

クレジットカード現金化をするなら業者がおすすめな理由

クレジットカードを現金化する場合は自分で現金化するのではなく、業者に依頼して現金化することをおすすめします。
その理由として、業者に依頼して現金化した方が換金率が高く、面倒な手間や時間も掛からないからです。

中には商品を直接店舗に運ばなくてはならないところもありますが、多くの場合はネット上での簡単な手続きを実施している業者が多いです。
以上の点から、特に大きな理由がない場合は業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

ご紹介したように、iTunesカードを現金化するなら買い取りサイトを活用するのがオススメです。
いつでもどこでも申し込みができるメリットがありますが、詐欺に遭ってしまう可能性も充分にあります。
ですので、現金化する場合は、まずは優良な買い取りサイトを選定する事から始めましょう。